株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

「企業分析」カテゴリー

株式投資をする中で役立つ、「会社の分析方法」や「決算書や指標の見方」などの企業分析をまとめたページです。

企業分析のやり方まとめ(決算短信や財務諸表の見方)

このページでは「企業分析のやり方が分からない」「何から始めれば良いの?」という人向けに決算短信・財務諸表の見方や分析記事を一挙にまとめて紹介します。

下落相場に最適!ディフェンシブ銘柄の特徴・注意点・探し方とは?

下落相場や相場の先行きに不安のある時期は、下落に強い銘柄の比率を高めるのがおすすめです。 そこで今回は、下落相場に強い銘柄とされている「ディフェンシブ銘柄」の特徴や注意点・探し方について紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

簡単に企業分析できる!GMOクリック証券の財務分析ツールが凄い!

企業を分析するには、財務諸表から会社の中身を知る必要があります。しかし、数字の羅列でややこしかったり、分析するのに手間がかかるので、ひとりで何社も分析するのは大変です。 そんな中、財務諸表を自動でグラフ化して、更に着目すべき点まで診断してく…

「見ないと損」有価証券報告書の見方や、分析のポイントを詳しく解説!

ややこしくて難しいイメージのある有価証券報告書ですが、実は「情報の宝庫」です。 多くの人が参考にしている決算短信では、細かい情報は省略されてしまっています。そこで、有価証券報告書を読む事で、決算短信しか読んでいない投資家よりも有利な情報を得…

【キャッシュがない】黒字倒産する理由や、危険な会社の見抜き方を解説!

倒産と聞くと、赤字が続いている会社を想像するかもしれません。しかし、実際は増収増益の黒字であっても倒産する事があるのです。 今回は、黒字でも倒産してしまう理由や倒産リスクの高い会社の見抜き方について解説していきますので、投資したい会社の安全…

「貸借対照表」で企業の安全性を見極めよう!見方や使い方を解説!

「貸借対照表」は、漢字や数字の羅列が多く難しくて良く分からないという人も多いのではないでしょうか。 しかし、「貸借対照表」は企業の安全性を見極めるのに役立つ重要な諸表です。そこで、図式化することで理解しやすくなる方法を紹介していますので、是…

【日本基準とIFRSの違い】のれん償却の有無で「利益」が変わる理由とは?

決算短信の「会計方針の変更」は「見かけの利益」に大きな影響を与える可能性があるので注意が必要です。 そこで、日本基準からIFRSへ会計方針を変更した場合の利益の変化や注意点について分かりやすく解説します。

「限界利益率」の高さに注目!儲かりやすい会社の収益構造とは?

利益の出やすい収益構造の会社かどうかは、「限界利益」に着目すると見えてきます。残念ながら、限界利益率が低く会社の体質自体が利益の出せない状態になっている場合、そのまま売上を拡大しても上手くはいきません。 逆に言えば、限界利益率が高い会社が売…

「配当利回りの高すぎる株」には注意しよう!高配当株の選び方とは?

マネー雑誌等で頻繁に「高配当株ランキング」などという特集が組まれるように、高配当株への投資は個人投資家に人気の投資のひとつとなっています。 しかし、安易に配当利回りの高さだけで株を選んでしまうと、減配や株価の下落に巻き込まれてしまうリスクが…

「損益計算書」の見方とは?5つの利益の見方を分かりやすく解説!

「損益計算書って色々な項目があって難しい」「売上高と純利益だけ見て、儲かってるか判断してるかも」という事はありませんか? 損益計算書は、会社の経営成績を表す通信簿のようなものであり、正しく読む事で、その企業の収益構造や方向性を把握する事がで…

「5%ルール」大量保有報告書の見方や、株価への影響を分かりやすく解説!

5%ルールとは、投資家が上場企業の株を5%保有した時点で報告(大量所有報告書)し情報を開示する義務の事を言います。この大量保有報告書を活用する事で、ファンドや企業などが株式を買い集めていく流れを掴む事ができ、企業の状況や株価を先読みする判…

【初心者必見】株式投資で役立つ「情報収集」と「分析方法」を公開!

株式投資を始めたいけど、自分で分析出来る自信が無い・そもそも企業分析って何から始めればいいか分からないという悩みはありませんか?そこで、今回は私が普段行っている企業分析の為の情報収集と、分析方法を紹介します。情報収集は、投資家・会社や経営…

【M&A】企業が「買収」をする理由や、株価への影響とは?

企業は、成長速度を大きく加速する為に、M&A (買収・合併)を活用する事があります。上手く行けば業績拡大に繋がりますが、下手な買収をすると資金を無駄にしてしまったり、投資家に失望されて株価が暴落してしまう恐れもあります。

「景気敏感株」への投資が難しい理由とは?「成長株」との違いを解説!

景気敏感株は、景気によって業績が大きく左右されるので、好景気の時に優良成長株と見間違えて投資してしまうと、思う様に利益が出なかったり損をしてしまうので注意が必要です。景気敏感株ではPERの指標が役に立ちません。

「ROE」だけでの判断は危険?ROEとROAの違いを分かりやすく解説!

今回は「ROE(総資産利益率)」と「ROA(自己資本利益率)」についてです。「ROEやROAは、決算書や四季報で目にしたことがあるけど、活用の仕方が分からない」という人も多いのではないでしょうか? このROEとROAの使い方を覚えておくと、会社が資金を効率良…

定率法⇒定額法には要注意!「減価償却方法の変更」で利益が変わる理由とは?

株式投資をしている人なら、「減価償却」という言葉は決算書などでよく目にすると思います。あまり知られていませんが、会社の業績が変わっていなくても、「減価償却費の会計方針の変更」があるだけで会社の利益が増えたように見えてしまいます。 そこで、こ…

【株式投資】企業のIRに電話して「情報収集」する方法とは?

企業に直接電話をするという事は中々勇気がいると思います。私も過去、何を聞けばいいか分からず不明な点があってもそのままにしていた事もありました。けれど、コツさえ掴んでしまえば、個人投資家にとってIRへの電話は大きな武器になります。そこで、今…

「キャッシュフロー計算書」でお金の流れを知ろう!見方や分析方法とは?

キャッシュフロー計算書は、実際のキャッシュの流れを表しているので会計操作がしづらく倒産リスクを見極めるのにも役立ちます。 キャッシュフロー計算書を活用すれば、パッと見ただけで会社の調子の良し悪しを把握することができるのです。

【決算短信の読み方】決算の分析で重要な5つのポイントとは?

決算短信のどこを読めばいいか分からないと感じている人に向けて、今回は、決算短信で特に着目すべき重要な箇所についてまとめました。①四半期ごとの業績は順調か?②営業利益率は、高いか?もしくは伸びているか?③来期予想・業績修正はどうか?など

【決算短信】経営成績と来期予想の正しい見方とは?

株式投資で成功するためには、決算短信から会社の業績を正しく読み解く力が必要になります。決算短信の結果によって株価が大きく変動するのですが、単純に業績が伸びているから買われるという訳ではないです。重要なのは「事前の市場予想に対して、業績の伸…

「PERの割安な水準とは?」PERと成長率を比較しよう!

魅力的な会社であったとしても、既に株価が上昇しきっている株を買ってもうまみはありません。 「良い会社の株を割安で買う」ことが重要なのです。割安かどうかの判断は、PERの数値だけで判断するのではなく、会社の成長率と比較して高いか安いかの判断をす…

【株初心者向け】銘柄選びのコツは「自分が理解できる会社」の株を買う事!

投資したい銘柄を選ぶ時「自分が仕事や趣味で携わっている得意な分野」よりも、「自分の全く知らない分野」の株の方が良く見える傾向があります。しかし、得意な分野であれば、決算書やIRニュースもより深く分析し理解することが出来ます。分からないものに…

株式投資で役立つ!「PER」と「EPS」の見方を解説!

株価は、PERとEPSの掛け算で形成されているので、PERとEPSの指標を理解することが重要です。PERは、投資したい会社が割安かどうかの判断に役立ち、会社の業績や将来性に対する投資家の期待感や人気度によって変動するのです。 EPSとは「1株あたりの純利益で…

PERとEPSを使った目標株価の計算方法とは?

「株価の高い安いって何?」「どこを見て判断しているの?」 株価は、PERとEPSによって変わります。 重要なのは、株価はPERとEPSの数値の変化に比例して、変動するという事です。そのため、株価形成を表すPER・EPSの意味を理解し投資することが重要になりま…