株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

貸借対照表の「流動資産」って何?その中身を詳しく解説!

貸借対照表の「流動資産」って何?
今回は、貸借対照表の「流動資産」の中身について詳しく解説していきたいと思います。

ややこしく感じる貸借対照表ですが、項目の意味や見方をひとつずつ理解していくことで、少しづつ苦手意識はなくなっていくと思います!

 

 

 資産の部「流動資産」とは

貸借対照表は、会社の持っている財産や借金の額などを知る事のできる財務諸表で、「資産の部」「負債の部」「純資産の部」に分かれて整理されています。

流動資産は、貸借対照表の資産の部の上部に記載されています。

貸借対照表

 

流動資産は現金化しやすいもの

資産の部の「流動資産」は、現金そのものや1年以内に現金化される資産(1年基準)です。また、正常営業循環の過程にあるものも流動資産に計上する(正常営業循環基準)ことも認められています。

  • 1年基準:決算日の翌日から一年以内にお金の出入りがあるものを流動資産とする
  • 正常営業循環基準:商品の購入から販売までのサイクルに出てくる商品、売掛金、受取手形などは流動資産に計上できる

そのため、現金の回収に一年以上かかる売掛金や受取手形も、通常の商売の流れで発生する資産であれば「流動資産」に計上することができます。

また「固定資産」は、現金化せずに会社が保有して活用するものをいい、建物や機械などが当てはまります。

 

流動資産の中身

「流動資産」の中身は、現金化のしやすさの順で以下の3種類に分類することができます。

  1. 「当座資産」
  2. 「棚卸資産」
  3. 「その他の資産」

貸借対照表の流動資産

女性のアイコン

それでは、流動資産の中身を順番に解説していきます!

スポンサーリンク

 

 

当座資産とは

まず「当座資産」とは、現金と短い期間で現金になる資産のことをいい、「現金及び預金」「受取手形」「売掛金」「有価証券」などが当てはまります。  

当座資産

主な当座資産

  • 現金及び預金:紙幣・硬貨・銀行に預けているお金など
  • 受取手形:取引先から受け取った「お金を受け取る権利」を表した手形
  • 売掛金:商品を販売しその商品代金をまだ受け取っていないもの
  • 有価証券:売買目的で保有している株や、一年以内に満期を迎える債券など

これら「当座資産」はもっとも現金に近い存在なので、当座資金の多い会社は、お金の調達や運用といった資金繰りに関して当面心配がない状態であるとも言えます。

⇒倒産するリスクが低く、投資家も安心して投資することが出来る!

但し、いくら流動資産が多くても、流動負債も多いようであれば資金繰りが上手くいってるとは言えませんので注意が必要です。

関連記事:「貸借対照表」の見方や使い方とは?企業の安全性を見極めよう!

 

手形取引の多い会社は注意しよう

当座資産の中でも現金及び預金が多い会社の方が安全性はより高まります。

その理由は、商品を販売した場合の代金を将来払ってもらう権利である「受取手形」や「売掛金」は、取引先が倒産してしまうと現金が回収できなくなってしまうリスクがあるからです。

また手形取引の金額が増えすぎたり、現金を回収できるまでの期間が長すぎると自分の会社で立て替えなければならず資金繰りが苦しくなる恐れがありますので注意が必要です。

関連記事:「黒字倒産」する危険な会社の見抜き方とは?

補足:「貸倒引当金」とは

流動資産に計上されている「貸倒引当金」は、売掛金や受取手形の中で回収できなくなる可能性のある金額を、過去の実績などから見積もったものです。貸倒引当金は、お金を回収できなくなった時の損失を軽減する役割を持っています。

 

有価証券は保有目的で分類が変わる

貸借対照表の「有価証券」には、国債・地方債・社債・株式などがありますが、これらは保有する目的によって分類が変わってきます。 

会計上の主な「有価証券」

  • 国債:国が資金調達するために発行する債券
  • 地方債:地方自治体が資金調達するために発行する債券
  • 社債:会社が資金調達するために発行する債券
  • 株式:株式会社が資金調達するために発行する株券

まず「流動資産」に計上されている有価証券は、売買目的で保有している株や、一年以内に満期を迎える債券などです。

そして、他の会社の経営(子会社や関係会社)に参加するために保有している株式や、満期まで1年を超える債券などは「固定資産」に計上されています。

女性のアイコン

固定資産にある有価証券も、現金化が一年以内に近づくと流動資産に計上されるようになる!

 

棚卸資産とは

次に「棚卸資産」とは、会社が抱えている商品や製品の在庫や原材料などです。これらは、まだ売れていないがこれから売れて現金を生む収益源となるので「資産」に計上されています。

棚卸資産

棚卸資産は多過ぎても少なすぎても会社に良くない影響を及ぼしてしまいます

 

棚卸資産が少なすぎる

在庫が少ないと、在庫を保管する倉庫代や、管理する為の人件費を抑えられるので会計上は有利です。

しかし、在庫が少ないと「買いたい人がいるのに商品は品切れしている」状況が起こりやすく、販売のチャンスを逃してしまいます。

 

棚卸資産が多すぎる

反対に、品切れを防ぐために在庫を沢山確保し過ぎてしまうのも良くありません。まず、大量の在庫を保管する倉庫代がかかったり、在庫管理の人件費もかかるデメリットが発生します。

さらに、たくさん商品を持っていると売れ残ってしまう危険性も高まりますし、廃棄処分するとなるとその分は損失になってしまいます。

そのため、流動資産の中で棚卸資産の占める割合が増加しているような会社は、仕入れた商品が売れずに残っており、当初の販売計画が達成出来ていない状況が考えられるので注意が必要です。

女性のアイコン

多ければ多いほど良い現金とは異なり、棚卸資産は多過ぎると資金繰りに悪影響がでる!

 

その他の流動資産

最後に「その他の流動資産」ですが、短期貸付金・前払い金・前払費用・未収金などがまとめて計上されています。

  • 短期貸付金:返済期限が一年以内の貸付金
  • 前払い金:内金や手付金など商品を受け取る前に支払う代金
  • 前払費用:まだ提供されていないサービスに対して先に支払った代金
  • 未収金:土地の売却代金など本業の商売以外で生じた未回収のお金

上記は一例で、どの勘定科目が流動資産に計上されるかは、業種・会社ごとに異なります。 

 

最後に

今回は流動資産の中身について紹介しました。漢字ばかりでややこしいですが、項目の意味が分かると読みやすくなるのではないでしょうか。

関連記事:貸借対照表の「固定資産」については以下の記事で解説しています。

www.sumire100m.com