株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

株式投資で役立つ!「PER」と「EPS」の見方を解説!

株式投資で役立つ!「PER」と「EPS」の見方を解説!

前回の記事PERとEPSを使った目標株価の計算方法とは?で、株価はPERとEPSの変動で形成される話しをしました。今回は、そのPERとEPSの使い方について詳しく解説していきます。株価がPERとEPSの掛け算で形成される点を意識しつつ、PERとEPSの指標を見ていきましょう。

 関連記事:PERとEPSから目標株価を算出する方法はコチラを参考にして下さい。

www.sumire100m.com

 

PERとは

 

投資家の期待感や人気度を表す

初めに、PERの説明をします。PERとは「 一株当たりの利益に対し、株価が何倍にまで買われているか?」を表す指標であり、割安さをはかる物差しとして一番有名な指標と言われています。そして、この変動は「その会社の業績や将来性に対する、投資家の期待感や人気度」によって起こるのです。

PERの説明

 

PERが変動するのは?

PERが変動する理由は様々です。以下に一例をあげます。

PERが上昇する例

  • 上方修正され、成長性が期待される
  • 東証一部に昇格した
  • 優待の新設や増配

期待され、知名度が上がるとPERは高まる傾向にある

 

PERが低下する例

  • 業績が下方修正され、失望される
  • 成長の鈍化がみられた
  • 優待廃止や減配・増資

期待感が失望に変わるとPERは低下する傾向にある

このように、PERは投資家の思惑によって変動するのです。

 

PERが低い時に買い、高くなったら売る

PERは、投資したい会社が割安かどうかの判断に役立ちます。PERが低いにも関わらず、割安で放置されている優良企業を見つけたとします。その企業の業績が上がり、投資家に成長性が期待され始めるとPERが上昇し、株価も上昇するのです。

PERが低い時期に株を見つけ、PERが高くなったら売るという事を意識しましょう。

スポンサーリンク

 

 

注意しよう!低PERという理由だけで買わない

しかし、PERの低い株が全て上昇する可能性を持っている訳ではないのです。業種によってPERが元々低いものもあります。その為同業他社との比較や業績の伸びから、割安(低PER)かどうかを判断する必要があるのです。

例えば、下記の株には割安で放置されている理由があります。

  • 割安だが、売上が横ばいで期待されない
  • PERが機能しない景気敏感株
  • 銀行株や商社株の万年割安株

単に割安だから買うのではなく、 「なぜ割安なのか?」「投資家に注目されるきっかけはありそうか?」など、中身をしっかり見極めることが重要となります。

割安な株を見つけた時は、「真のお宝株なのか?」「割安で放置される理由がある株なのか?」を見極めましょう!

 

関連記事:「景気敏感株」はPERが機能しない理由については、以下の記事を参考にして下さい。

www.sumire100m.com

 

 

EPSとは

 

次に、EPSについて説明します。EPSとは「1株あたりの純利益」であり、【会社の1年間の活動で得ることの出来た利益】を【発行済み株式数で割った値】です。

EPSが変動するのは?

会社の業績が上がり利益が増えればEPSも上昇します。反対に利益が減ってしまうとEPSは低下します。 

EPSの説明

 

会社の利益とは?

会社の活動で得た利益は、株主の物です。一部を配当として株主に直接還元され、残りは企業が内部留保をし、今後の成長の為の設備投資や財務強化に充てられ、間接的に将来の利益として還元されます。

投資するにあたり「企業の内部留保やその使い道が、将来の株の価値を高める事につながるか?」を見極めることも大切です。

 

注意しよう!EPSは異常値になっていないか

注意点として、EPSの数値を鵜呑みにしてはいけない場合があります。通常、経常利益に対して40%の法人税がかかるので、純利益は経常利益の60%程度*1になります。

EPSは異常値ではないか?

このように「特殊要因を差し引いた本当のEPSの伸び」を算出し、実際のEPSを活用することで、有利な取引が出来るようになります。

以下にEPSが「異常な高値」や「異常な安値」になる例を記載しましたので、参考にしてみて下さい。

EPSが異常な高値

前年に赤字がある場合の税金控除や不動産の売却益などで特別利益」が計上されている場合、一株利益が大きく増えて株価が超割安になったように見えてしまいます。

しかし、純粋な会社の業績の伸びによるEPSの増加ではないので、割安さに飛びついてしまうと、来期のEPSは下がり損をしてしまう可能性があります。

EPSが異常な安値

不動産の売却損や災害などで「特別損失」があった場合は、一株益が大きく減ったように見えてしまいます。これにより、株価が超割高になったように見えますが、これも一過性の損失であるので、安易な安売りにならないよう気をつけましょう

 

また、以下の記事では、損益計算書の見方(営業利益・経常利益・純利益など)を解説していますので合わせて参考にしてみて下さい。

www.sumire100m.com

*1:企業によって通常の状態は異なるので、その会社の前年以前の数値から推測します