株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

「減価償却」の基本を解説!決算書はどこを見れば良いの?

「減価償却」の基本を解説!決算書はどこを見れば良いの?
今回は、「減価償却って何?」「減価償却費って決算書のどこで確認すれば良いの?」という疑問についてやさしく解説していきます。

減価償却とは

企業は、事業を行うための設備投資として建物や機械などを購入します。

しかし、建物や機械は、購入時の価値をいつまでも維持できる訳ではなく、使用や時の経過により年々価値は減少していきます。

そのため、資産の価値の減少分を見積もり費用として計上する必要があります。この手続きを「減価償却」と言い、その費用を「減価償却費」と言います。

減価償却

例えば30万円でパソコンを買ったとします。数年後にそのパソコンを中古買取店で売却しようとしても、購入価格の30万円で買い取って貰うことは不可能ですよね。

すでに使用していることや、時の経過で型落ちした事などが考慮すると、買い取り額はグッと低くなってしまうはずです。

そのため、いつまでも「30万円の価値のあるパソコン(資産)を持っています」と言う事はできず、資産価値の低下分を見積もり本来の価値に近づける必要があるのです。

 

貸借対照表にはどう載るの?

それでは、実際の貸借対照表を見てみましょう。

貸借対照表と減価償却

参照:2018年12月期  竹本容器 決算短信 

「減価償却累計額」とは、今まで発生した減価償却費を合計した金額です。(現在保有している資産のみの金額で、既に廃棄や売却した資産は含みません。)

上記の貸借対照表の「建物及び構築物」金額を見ると、

  • 建物及び構築物 4.87億
  • 減価償却累計額 △1.40億
  • 建物及び構築物(純額) 3.47億

となっており、この会社は、4.87億円分の建物と構築物を購入し、今までに使用した1.4億円分を減価償却したので、現在の資産価値は3.47億円だと読み取れます。

※構築物とは、工場の周りの塀など土地に付設していているものをいいます。

女性のアイコン

貸借対照表には、購入金額から減価償却累計額をマイナスした現在の資産価値(純額)が勘定科目ごとに記載されている!

 

このように土地などの例外を除いた「有形固定資産」は、数年~数十年かけて徐々に費用化されます。

つまり、固定資産が多い=「今後、費用となる金額が多い」ということです。そのため固定資産が多すぎると、減価償却費が今後の利益を圧迫することにも繋がりますので注意が必要です。

 

なぜ減価償却をするの?

「減価償却」には、その年の損益を正確に把握できるメリットもあります。

減価償却をしないと、高額な設備投資を行った場合、一気に費用として計上されてしまうので利益と費用が釣り合わず、その年の収益が大赤字に見えてしまうのです。

そうなると企業の実態を正しく反映できませんし、大赤字となってしまうと銀行から融資を受けられなくなったり、上場企業の場合は株価が暴落してしまう等のデメリットが生じてしまいます。

(例)今後の売上成長の為に1000万円の設備投資をしました。新しい設備を導入したおかげで売上が伸び、今期は500万円の売上が出ました。

この時、購入した設備の費用を今期に全額計上してしまうと、せっかく売上が伸びたのに、決算書上では売上500万円に対して費用1000万円の大赤字に見えてしまうのです。

しかし実際は、導入した設備は今後何年にも渡って活用するはずですよね。それならば、設備投資にかかった費用も数年~数十年に渡って分割して計上(減価償却)するべきなのです。

⇒その年に使った分だけの費用を計上することで、その会社の損益を正しく把握できる!

なぜ減価償却するの?

 

何年かけて減価償却すべきなのかは「耐用年数(今後何年利用できるか)」によって変わります。 

耐用年数の例

  • 建物(鉄筋コンクリート造り):50年
  • 建物(木造):24年
  • パソコン:4年
  • 車:4年

実際は、非常に細かく分類されていますので、詳しく知りたい場合は、国税庁の耐用年数表を確認してみて下さい。

損益計算書では金額が分からない

その年に費用として計上した「減価償却費」はどこで確認できるのでしょうか?

まず「損益計算書」を見てみましょう。

損益計算書と減価償却費

参照:2018年12月期  竹本容器 決算短信

上記にあるように会社の収益や費用を表す「損益計算書」で、減価償却費は

  • 売上原価:商品の仕入れや製造に直接関わるもの
  • 販売費及び一般管理費:商品の販売活動や会社の管理活動など売上に間接的に関わるもの

に含めて記載されているので減価償却費だけの金額を確認することができません。 

キャッシュフロー計算書で確認しよう

そこで、その年の減価償却費がいくらかかっているのかを調べる際には、キャッシュフロー計算書の「営業活動によるキャッシュフロー」をチェックしましょう。

(3)当期のキャッシュ・フローの概況

(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果得られた資金は、20億28百万円(前年同期比9.5%減)となりました。収入の主な内訳は、税金等調整前当期純利益17億57百万円、減価償却費10億21百万円であり、支出の主な内訳は、法人税等の支払額6億54百万円であります。


参照:2018年12月期  竹本容器 決算短信

上記の部分を決算書で見ると、減価償却費10億21百万円ということが分かります。 

女性のアイコン

キャッシュフロー計算書なら、減価償却費を確認できる!

最後に注意点として、減価償却費が収入として計上されている点に気をつけましょう。

キャッシュフロー計算書現金の流れを表す財務諸表です。建物や機械を購入して実際に現金が減るのは購入時であり、減価償却したからといって現金が減る訳ではありませんよね。

なので「損益計算書で引いた減価償却費」を、「キャッシュフロー計算書で加算」することで、金額を相殺して処理しているのです。 

関連記事:減価償却費の計算方法で、利益が変わる理由を記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

www.sumire100m.com