株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

信用取引の「逆日歩」とは?

信用取引の「逆日歩」とは?

逆日歩は、信用取引で空売りをすると発生する恐れのある「株のレンタル料」です。

特に、空売りを行う場合は、逆日歩の意味や計算方法などをしっかり理解しておかないと、実は高額な逆日歩が発生していた!なんてことになってしまいますので気をつけましょう。

逆日歩とは

信用取引では、株を借りて売ること(空売り)ができます。

通常は、「信用買いを行っている投資家」の株券が、「信用売り(空売り)を行った投資家」に貸し出されます。しかし、信用買いの株数よりも信用売りの株数の方が多くなると、証券会社の貸し出す株券が不足してしまいます。 

そこで、証券会社は不足分を証券金融会社から借りて補うのですが、信用売りの株数がさらに増えると、今度は証券金融会社の貸し出す株も不足してしまいます。

証券金融会社の不足分は、株を保有している機関投資家などから調達する仕組みになっています。この時、株を借りる代わりに発生する株のレンタル料が「逆日歩(ぎゃくひぶ)」です。

この逆日歩は、1日ごとに発生し、信用売りをしている投資家が負担することになります。

逆日歩の仕組み

なお「逆日歩」が発生するのは、制度信用取引を利用した場合で、一般信用取引では発生しません。→制度信用取引と一般信用取引の違いとは?

 

いつ逆日歩が発生するの?

逆日歩は、信用買いに対して信用売りが大きく増えたときに発生します。

逆日歩の怖いところは、その日の取引が終わってみないと発生の有無金額が分からない点です。事前に分からないので、取引後に「実は高額な逆日歩コストが発生していた」…なんてことが起こり得るのです。

ただし、逆日歩の発生は、信用倍率からある程度は予測することはできます!

MEMO
  • 「信用倍率」=信用買い残÷信用売り残

信用倍率が1を切ると、信用買いをしている投資家より信用売りをしている投資家の方が多くなっている状態です。

信用倍率が1を下回ると株券が不足し、逆日歩が発生する可能性が高まります!

 

逆日歩の日数計算の方法

逆日歩は株を借りた日数に応じてつきます。

逆日歩の日数は「信用売りをした日の受渡日」から「買い戻しをした日の受渡日の前日で計算されます。受渡日=「約定日」の3営業日後です。

例えば、月曜日に空売りをして火曜日に買い戻した場合、3営業日後の木曜日に空売り分の受け渡しが、金曜日に買い戻し分の受け渡しが行われます。

  • 信用売りをした日の受渡日:木曜日
  • 買い戻しをした日の受渡日の前日:木曜日

⇒逆日歩が発生する日数は、木曜日の1日分

しかし、週末には貸株の受け渡しを行うことができません。そのため、火曜日に空売りをして水曜日に買い戻した場合、3営業日後の金曜日が空売り分の受渡日になりますが、買い戻し分の受け渡しが行われるのは翌週の月曜日です。

  • 信用売りをした日の受渡日:金曜日
  • 買い戻しをした日の受渡日の前日:日曜日

⇒逆日歩が発生する日数は、金・土・日曜日の3日分

逆日歩の日数計算

このように休日を挟むと、逆日歩を余計に支払うことになってしまいます。特に、GWや年末年始などの大型連休を挟む場合、高額な逆日歩が発生する恐れがありますので気をつけましょう。

ちなみに、空売りと買い戻しを同日中に行った場合は、逆日歩は発生しません

 

逆日歩の金額は?

逆日歩がどのくらい発生しているかは、日本証券金融株式会社で簡単に調べられます。

日本証券金融株式会社

  • 品貸料率:1株あたりの逆日歩の金額
  • 品貸日数:品貸料率の適用される日数。休日を挟むと増加する
  • 貸借値段:当日の終値
  • 最高料率:1日、1株あたりの逆日歩の金額の上限

上記の東建コーポレーションを見ると、1株あたり0.15円の逆日歩が発生しています。もし1000株信用売りをしていた場合は、1000株×0.15円=150円で、1日あたり150円の逆日歩が発生することになります。

また2019/4/16は火曜日なので、先ほど説明したように3日分の逆日歩がかかります。すると、0.15×3日分=0.45 1000株×0.45円=450円で、450円と割高な金額になっています。

 

逆日歩の発生を事前に予測する方法はある? 

「逆日歩」は、信用倍率などからある程度予測はできるのですが、実際どのくらい逆日歩が発生するのか事前に分からないのは、投資家にとって不安ですよね。

そんなときにおすすめなのが「逆日歩予報」です。こちらは、SMBC日興証券に口座を持っている人なら無料で使えるツールです。

逆日歩予報出典:SMBC日興証券

逆日歩予報は、過去の膨大な市場データや逆日歩発生実績などから、「逆日歩の発生する確率はどの程度か」「株価に対して何%の逆日歩が発生するか」などを予測することができます。

逆日歩予報

さらに、逆日歩予報は「検索」「並び替え」も可能です。決算月や市場で絞り込み検索をしたり、「逆日歩株価比」や「発生確率」で並び替えられるので、非常に便利です。

逆日歩の発生を予測するのが苦手な人にはもちろん、自分の予測と併用して使い判断の精度を高めたい人は、是非活用してみてはいかがでしょうか。

⇒「SMBC日興証券の特徴や詳細はこちら

MEMO

SMBC日興証券は、信用取引の取引手数料が「完全無料」で、信用取引にかかる金利や貸株料のコストも業界最低水準です!(ダイレクトコースの場合)

信用取引を頻繁に使う投資家にとってはおすすめの証券会社です♪