株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決サイト

株式投資に関するさまざまな情報をわかりやすく解説しています。

日本株の市場コンセンサス予想の調べ方とは?決算前に確認しよう!

 

今回は、日本株の市場コンセンサス予想の調べ方について紹介します。

決算では、事前のコンセンサス予想と比較してどれだけ良かったかがひとつの評価ポイントになります。

そこで、決算の前に保有株のコンセンサス予想を確認しておくことをおすすめします♪

市場コンセンサス予想とは

市場コンセンサス予想とは、アナリストの業績予想の平均値です。

決算では、「コンセンサス予想と比較してどうか?」も重要視されます。

決算では、コンセンサス予想を上回る数字がでれば株価にプラス材料ですが、下回ればたとえ増収増益でもマイナス材料と判断されてしまいます。

ほかの投資家の期待値の高さをはかるためにも、決算前にコンセンサス予想を知っておくことは重要です。

 

市場コンセンサス予想の調べ方

決算前には、多くの投資家が参考にしている「アナリスト予想」や「会社四季報予想」を調べておきましょう。

アナリスト予想の調べ方

まずは、アナリスト予想の調べ方を紹介します。

ここからは、私が普段から活用しているマネックス証券の銘柄スカウターを使った見方を紹介します。※マネックス証券に口座を持っていれば無料で使えます。

銘柄スカウターでは、主要証券会社19社のアナリストの調査レポートに掲載されている業績予想値をもとに、アナリスト業績予想を算出しています。

見方は、銘柄スカウターで調べたい企業のページを開きます。企業分析の「今期進捗状況」にコンセンサス予想が表示されます。

最初に表示されるコンセンサスは経常利益ですが、タブを切り替えることで売上高・営業利益・当期利益のコンセンサス予想も確認できます。

⇒「マネックス証券を詳しく見る

会社四季報予想の調べ方

四季報の業績予想も、多くの投資家が参考にしているので確認しておきましょう。

とくに、アナリストがフォローしていない中小型株は、四季報予想と決算実績が比較されやすいので要チェックです!

会社四季報は、雑誌を買う、四季報オンラインを契約するなどして見ることもできますが、最新の四季報であれば、多くのネット証券が無料で提供しています。

マネックス証券で四季報を調べる場合は、銘柄の個別ページで「四季報」をクリックすると閲覧できます♪

 

さいごに

ここまで、日本株の市場コンセンサス予想について紹介してきました。

決算後の株価に影響を与えるのは、事前の予想と比較して「どのくらい業績にサプライズがあったか」です。

たとえ増収増益だったとしても、コンセンサス予想や四季報予想を下回れば、株価が下がる可能性もあります。

そのため、決算前にマネックス証券の銘柄スカウターなどを参考に市場コンセンサス予想を調べてから決算にのぞむことをおすすめします♪