株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

【2020年版】ネット証券の手数料比較(現物取引)

f:id:sumire100m:20200115173534p:plain

今回は、ネット証券の現物取引の手数料を比較していきます。現在の手数料が手数料が高いと感じている人は、ぜひこの機会に見直してみてください♪

女の子
スミレ

取引にかかる手数料はなるべく抑えたほうがお得

"no-img2″
カブくん

同じ株を買う場合でも、使う証券会社で手数料が変わるよ! 

2020年1月更新 

株取引には手数料が安いネット証券がおすすめ!

株取引はパソコンやスマートフォンを利用して、自分で株を売買する方法と、証券会社の店舗で証券マンに直接相談をしながら売買する方法があります。

店舗型証券では、相談しながら買うことのできる反面、人件費場所代などがかかっている関係で取引手数料がかなり割高になります。その一方で、ネット証券を利用して自分で株を売買する場合には、人件費などを抑えられるのでその分手数料を安くすることができます。

ネット証券と店舗型証券の比較
  手数料 店舗 注文
ネット証券 安い なし 自分
店舗型証券 高い あり 証券マン

ネット証券を利用する場合に、取引画面の見方や操作方法が分からなくても、コールセンターに電話をすればやさしく教えてもらえますので安心してください♪ 

 

1日の合計金額で手数料が決まるプラン

それでは、ネット証券の取引手数料の比較をみていきます。

はじめに、1日の合計金額で手数料が決まるプランの比較です。こちらは、頻繁に取引する人や1回の注文金額が少ない人におすすめのプランです。

2020年1月現在の1日ごとの取引手数料(税抜)
証券会社名 ~10万円 ~50万円 ~100万円 ~300万円
SBI証券 0円 0円 762円 1,562円
楽天証券 0円 0円 858円 3,000円
松井証券 0円 0円 1,000円 3,000円
GMOクリック証券 213円 399円 797円 1,538円
ライブスター証券 400円 400円 600円 1,400円
マネックス証券 2,500円 2,500円 2,500円 2,500円
SMBC証券 1回の約定代金により手数料が決まるプランのみ

※表の左側にある各証券会社名のリンクをクリックすると、各証券会社の特徴について紹介しているページに飛べます♪

1日ごとに手数料が決まるプランでは、SBI証券・楽天証券・松井証券の3社の取引無料範囲が拡充され、現在では50万円まで無料で取引できるようになりました!これにより、市場全体の9割以上の銘柄を手数料無料で取引できます♪

さらにSBI証券は、現物取引・信用取引の取引合計金額が別々に計算されるので、併用することで1日の取引合計金額が150万円まで手数料0円で取引できます!(現物取引50万円+制度信用取引50万円+一般信用取引50万円)

女の子
スミレ

無料で取引できる範囲が拡充!少額投資に魅力的なプラン

 

1注文ごとの金額で手数料が決まるプラン

続いて、1注文ごとの取引手数料の比較です。こちらは、あまり頻繁に取引しない人や1回の注文金額が大きい人におすすめのプランです。

2020年1月現在の1注文ごとの取引手数料(税抜)
証券会社名 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円
松井証券 1日の約定代金合計により手数料が決まるプランのみ

※表の左側にある各証券会社名のリンクをクリックすると、各証券会社の特徴について紹介しているページに飛べます♪

20万円以下までの各証券会社の差は微々たるものですが、取引回数が増えれば増えるほど大きな差になります。特に、50万円を超える取引では、証券会社によって取引手数料の差が大きくなるのがわかります。

そのため、1注文ごとに手数料が決まるプランでは、ライブスター証券GMOクリック証券を利用すると、取引金額が大きくなっても取引手数料を抑えることができます♪

女の子
スミレ

1回の投資金額が大きい人におすすめのプラン

 

おすすめのネット証券は?

同じ銘柄を取り扱っているのであれば、なるべく手数料が安い証券会社を選ぶのがいいと思います。そこで、取引頻度や投資金額をもとに、1番お得になる証券会社を選んでみてください♪

ちなみに…証券会社ごとに力を入れている部分が違いますので、ひとつの証券会社ですべてをまかなうのではなく、『投資情報ツールならA社を使って、株価チャートはB社が見やすい、取引には手数料が安いC社を利用しよう…』というように複数の証券会社を併用して不足している部分を補うのがおすすめです!

手数料で選ぶ!おすすめネット証券
証券会社名 詳細ページ
SBI証券おすすめ
50万円までの手数料無料!少額投資におすすめ!
ライブスター証券おすすめ
手数料が総合的に安い+新規口座開設で約2ヵ月間手数料無料!
GMOクリック証券
資金量にかかわらず手数料が割安に抑えられる♪
松井証券
50万円までの手数料無料!+【当サイト限定】新規口座開設で手数料20,000円分キャッシュバック