株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

【2019年版】株式投資をこれから始めたい人におすすめの入門書6選!

【2019年版】株式投資をこれから始めたい人におすすめの入門書6選!

今回は、これから株を始めたい人に向けておすすめの入門書を紹介したいと思います。

投資書籍の中には、鵜呑みにしてしまうと危険なものや、初心者には不向きの投資を扱っているものもあります。

そこで、投資経験の無い人でも正しい投資の基礎知識を身に付けられるような書籍を厳選して紹介します。なるべく簡潔で読みやすい書籍を選んでいますので是非参考にしてみて下さい。

 

 

1.ゼロから始める!マンガ 株入門 

まず、おすすめなのがゼロから始める!マンガ 株入門です。 

こちらの書籍は、株式投資を始める前に最低限知っておくべき知識や、投資をする上で気を付けたい事がマンガでサラッと読めちゃいます。

「株ってどんなものなんだろう?」「株の書籍は難しくてよく分からない」という人は、まずは取っつきやすいマンガでの学習から始めてみてはいかがでしょうか。 

 

女性のアイコン

マンガに出てくる女の子も可愛くて、スラスラ読めちゃいます!

 

2.いちばんカンタン!株の超入門書

実際に投資をしてみたい人におすすめなのが「いちばんカンタン!株の超入門書」です。私も株の勉強を始めた時、最初に手に取った書籍です。

いちばんカンタン!株の超入門書では、「そもそも、株って何?」という部分から、口座開設の方法、売買の仕方などを非常に丁寧に解説されていますので知識がなくても無理なく読める内容になっています。

またフルカラーで図解やイラストも豊富なので、途中で投げ出すことなく勉強できました。

 

3.はじめての株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本

知識や経験が少ないうちは「どうやって投資先を探せば良いの?」「どうすれば儲けられるの?」「投資で大きく失敗したらどうしよう」など分からない事や不安な事だらけだと思います。

そこでおすすめしたいのがはじめての株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本です。いわゆる情報を並べただけの書籍ではなく、初心者が不安に思っている事や投資で気を付けて欲しい事が初心者目線で丁寧に解説されています。

 

 

4.はじめてのかぶしき 株のことをよくわからないけど始めたいあなたへ 

「相場の福の神」こと藤本誠之さんのはじめてのかぶしき 株のことをよくわからないけど始めたいあなたへもおすすめです。

株を始めたい人が疑問に思ったり不安に思う点をイチから解説されていますし、会話形式になっているので、書籍が苦手な人でもスラスラ読めると思います。

 

 

5.株の超入門書 銘柄選びと売買の見極め方

株式投資を始めるなら最低限の株価チャートの見方は知っておいた方が良いです。

そこでおすすめなのが「株の超入門書 銘柄選びと売買の見極め方」です。フルカラーで図解も豊富だったので、チャートを見るのが苦手な私でも十分理解できる内容でした。

2.で紹介した「いちばんカンタン!株の超入門書」と合わせて読むと投資全般の基礎知識が網羅的に学べるのでおすすめです。

 

女性アイコン

まずはじめに読みたい「チャートの教科書」

 

6.7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本  

より一層株チャートの勉強に力をいれてみたい人には、7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本 」での勉強がおすすめです。

イラストが豊富かつ会話形式で話しが進むので、スムーズに読み進めることができますし、初心者が知っておきたいチャートの内容をひと通り勉強できると思います。

 

 

最後に

ここまで、これから株を始めたい人におすすめの書籍を紹介してきました。投資関連の書籍は、多数あるので「どの書籍から読めばいいか分からない」という人の参考になれば嬉しいです!