株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

【2021年版】決算書の勉強におすすめな書籍7選!株式投資で役立つ♪

 

f:id:sumire100m:20210308153041p:plain

株式投資で成功するためには、決算書を読む力が必要です。決算書の業績や財務状況から、その会社の価値や成長性を分析する必要があるからです。

そこで今回は、株初心者に向けて本当に役立った企業分析の書籍を紹介したいと思います。

私自身が実際に読んでみて、「これなら理解できる!分かりやすい!」と感じた書籍を厳選して紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

100分でわかる! 決算書「分析」超入門 2021

まず株初心者が最初に読む本としておすすめしたいのは、「100分でわかる!決算書分析超入門2021」です。

 「決算書って何?」という本当の基礎の部分からはじまり、決算書を分析する際に重要なポイント、話題の会社の決算書の読み方がていねいに解説されています。

大判の書籍なので文字が大きく、図やイラストも豊富で初心者にやさしい一冊です。また、決算の数字を「人のカラダ」で例えて、誰でも直感的に理解できるような工夫もされているので、全く知識がない人も安心です♪

女の子
スミレ

2021年版では、コロナ時代に対応して安全性の分析ページが大幅に強化されました!

 

オールカラー “ギモン”から逆引き! 決算書の読み方

決算書に出てくる用語を調べるための教科書として使うなら、「ギモンから逆引き!決算書の読み方」がおすすめです。決算書を読む上で覚えておきたい項目がオールカラーかつ、イラストや図を豊富に使って丁寧に紹介されています!

決算書の用語だけでなく、「当期純利益」がプラスならいい会社なの?、売上高に比べて営業利益が少ないのは?など、実際に決算書を読む上でつまずきやすい箇所についてやさしく解説されています。

決算書の用語は分かるけど、どこを見ればいいの?という人におすすめの一冊です♪

 

会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方

決算書に苦手意識を感じる人におすすめなのが、「会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方」です。

「セブンイレブンのP/Lはどれでしょう?」というようにクイズ形式になっているので、自分で考えながら楽しく会計の勉強ができます♪

図やイラストが多く、文章も会話形式になっているので、まったく苦にならずに読み進めることができました。

 

ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術

数字やむずかしい用語が多くうんざりしてしまう決算書も、 図に置き換えれば直感的に理解できるようになることを紹介しているのが「ビジネス基礎体力が身につく決算書を読む技術」です。

貸借対照表などの財務諸表を図に置き換えた後、どのように分析すれば良いのかがやさしく解説されています。(財務諸表の図化自体は、銘柄スカウターを使えば自動でおこなえます♪)

各財務諸表以外にも、ビジネスの流れや、お金は動かないのに利益は動く減価償却やのれんなど会計特有の考え方も図解でわかりやすく紹介されています。

 

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 

基礎知識を学んだあとにおすすめなのが、「ファンダメンタル投資の教科書」です。

公認会計士で投資家の方が書かれた書籍なのですが、四季報や決算書の見方、PERやPBRなどの指標の見方など、実践で使える知識の生かし方が具体的にかかれています。

株を買うときに失敗しやすいポイントをふまえて、最低限知っておきたい知識がまとめて紹介されています。

基本は学んだけど、投資での生かし方がわからないという人にぜひ読んでほしい一冊です。

 

運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法 

決算書の読み方について書かれている本は数多くありますが、具体的に財務諸表をどのように投資に生かせば良いのかについてまでは、書かれている書籍は多くありません。

そこで、おすすめなのが「 運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法」です。

さまざまな事例をもとに、財務諸表をどのように投資に生かせばいいか?という個人投資家にとって最も役立つ部分がていねいに解説されている貴重な一冊です!

女の子
スミレ

成功している個人投資家の方が書かれた本なので、とにかく実戦で役立つ内容が多い!

 

決算書の読み方最強の教科書 決算情報からファクトを掴む技術

決算書を読むための基本的な知識は身に付いたけど、実際の決算書をどのように読み進めていけばいいのかが分からない人におすすめの一冊です。

決算書の読み方最強の教科書 決算情報からファクトを掴む技術」では、さまざまな企業を事例に有価証券報告書、決算説明資料などを活用した決算書の読み方が細かく紹介されています。決算などの公開されている情報だけで、これだけ深い分析ができることにおどろきました。

公認会計士の方が書かれた本ということもあり、内容はややむずかしめですが、プロの方がどんな点に注目して決算書を読んでいるのか?が学べて勉強になりました!

 

さいごに

ここまで、私が実際に読んで参考になった決算書についての書籍を紹介してきました。決算書が読めるようになると、どんどん投資が面白くなると思います。

なにから勉強すれば良いか分からないという人や、投資経験はあるけど会計や財務に苦手意識のあるという人は、ぜひ参考にしてみてください♪