株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

マネックス証券の「銘柄スカウター」が便利すぎる!機能や活用方法とは?

マネックス証券の「銘柄スカウター」が便利すぎる!機能や活用方法とは?

今回は、マネックス証券の「銘柄スカウター」という銘柄分析ツールについて詳しく紹介します。

私も実際に使ってみたところ、機能や情報がかなり充実していて驚きました。また、データも1日2回更新(夕方18時頃、夜23時頃)されますので、決算発表のデータも当日には反映されとても便利なツールです!さらに嬉しいことに、マネックス証券に口座開設するだけで完全無料で使えます。

 

マネックス証券の銘柄スカウターの魅力とは?

マネックス銘柄スカウター

「銘柄スカウター」は、過去の決算などから自動で集計した数字が、企業分析・セグメント業績・株価指標などの項目別にグラフや表で表示されます。

銘柄スカウターの主な機能
  • 企業分析:決算の状況や、過去10期分以上の業績推移が分かる
  • セグメント業績:事業ごとの売上や利益率を確認できる
  • 株価指標:過去のPER・PBR・配当の推移が分かる
  • 銘柄比較:簡単に同業他社の比較ができる

それでは、代表的な機能をひとつずつみていきましょう! 
 

企業分析

はじめに「企業分析」の機能を紹介します。

マネックス証券の「銘柄スカウター」で企業分析参照:マネックス銘柄スカウター タイセイ

まず「企業情報」には、企業の説明や、展開しているビジネスや商品名、企業のウェブサイトへのリンクがまとまっていますので『どんな企業なのか?』を簡単に把握できます。

また、「決算発表予定」では、進捗状況の良し悪しが「晴れ」「曇り」「雨」で表されています。これにより、業績の調子がパッと見ただけで判断できます。

 

業績推移

続いて「業績推移」では、過去10期以上の売上高や利益率などの推移が簡単に分かります。実際、四季報などでも、過去5期分しかふりかえれないので、過去10期分以上の業績のを簡単にチェックできるのは貴重です。

さらに「銘柄スカウター」では、通常は自分で計算しないと分からない四半期ごとの業績」を自動で算出してくれます!

マネックス証券の「銘柄スカウター」の業績推移参照:マネックス銘柄スカウター タイセイ

上記は、製菓材料・ラッピングの通販サイト「cotta(コッタ)」運営などを行っているタイセイの業績推移です。

通期で見ると分かりませんが、四半期ごとの業績からは、企業の売上の季節変動(タイセイの場合、クリスマスやバレンタインなどの1Q~2Qに売上が伸びやすい)が見えてきます。また営業利益率も、1Q~2Qは高く3Q~4Qで落ちることが読み取れます。

このような、季節性要因をあらかじめ頭にいれておくことで、決算の予測がしやすくなったり、売上が減っても慌てずに対応できます。

その他にも、一見好業績にみえる決算でも、『四半期でみると業績の伸びが鈍化していた!』なんてことも読み取れるので四半期ごとの決算は必見です。

 

セグメント業績

次に「セグメント業績」の機能を紹介します。

企業分析では、企業全体の業績は把握できるのですが、事業ごとの売上や利益率を確認することはできません。そこで、「セグメント業績」を利用して、事業ごとに業績を分析していきましょう!

マネックス証券の「銘柄スカウター」のセグメント業績参照:マネックス銘柄スカウター セブン&アイHD

上記は、「セブン&アイHD」のセグメント業績の情報です。セブン&アイHDと聞くと、『日本のセブンイレブンで売上を伸ばしている企業』というイメージがあるのではないでしょうか?

しかし売上構成を見ると、以下のようになっています。

<売上構成比>

  • 海外コンビニエンスストア(海外のセブンイレブン):41%
  • スーパーストア(イトーヨーカ堂やヨークマートなど):27.7%
  • 国内コンビニエンスストア(国内のセブンイレブン):13.9%

実際は、海外コンビニエンスストアの売上が4割を占め、国内コンビニエンスストアの売上は、全体の1割程度の売上の貢献度にとどまっているのです。ということは、セブン&アイHDの収益の柱は海外コンビニエンスストアなのでしょうか?

そこで今度は、セグメントごとの利益率を見てみましょう。利益率は以下の通りです。

<利益率>

  • 海外コンビニエンスストア:3.27%
  • 国内コンビニエンスストア:25.82%

利益率で比較すると、海外コンビニエンスストアよりも、国内コンビニエンスストアの方が圧倒的に高いことが分かります。

<利益構成比>

  • 海外コンビニエンスストア:21.7%
  • 国内コンビニエンスストア:57.9%

その結果、セブン&アイHDの利益構成比の約60%が国内コンビニエンスストアで得た利益となっています。つまり、国内コンビニエンスストアは、売上高は低くても利益率がとても高い重要な事業だと読み取れます。

ちなみに、セグメント業績の推移をみることで、成長している事業衰退している事業を知ることができます。セブン&アイHDの場合は、「海外コンビニエンスストア」だけが伸びているようです。

女性のアイコン

「セグメント業績」ごとに分析することで、全体の業績を見ているだけでは分からないことを読み取れる!

 

業績予想修正

続いて、「業績予想修正履歴」では、企業の業績予想(カラフルな線グラフ)と実績(背景のグレー)が比較できます。

マネックス証券の「銘柄スカウター」の業績予想修正参照:マネックス銘柄スカウター 竹本容器

上記の竹本容器の例を見ると、実績より企業予想が下になる傾向があることから、やや保守的な企業予想を出す会社だと分かります。

また、会社予想が3Q~4Qのあいだ辺りで上昇していることから、3Q~4Qあたりに上方修正を出したり、会社予想よりも実績が上振れすることが読み取れます。このように、過去の企業の修正のクセを見抜くことで、上方修正がでる時期を予測して先回り投資することもできるのではないでしょうか。

 

配当

次に「配当」の機能を紹介します。

マネックス証券の「銘柄スカウター」の配当参照:マネックス銘柄スカウター エラン

マネックス証券の銘柄スカウターは、配当金に関する情報も充実しています。

過去の配当金の推移や、配当利回りや配当性向(利益の何%を配当に充てているか)が市場全体と比較してどの位置にいるかなどが簡単に読み取れるので、配当を重視して投資している人は活用してみてください!

 

株価指標

次に「株価指標」の機能を紹介します。

マネックス証券の「銘柄スカウター」の株価指標参照:マネックス証券 銘柄スカウター エラン

「株価指標」では、最長5年間分のPER・PBR・配当利回りの推移がチャート形式で表示されています。これにより、株価(青色のチャート)とセットで指標の推移を簡単に把握できるようになっています。

また、上記の予想PERのグラフのように、にカーソルを合わせると、過去の決算・業績予想などのタイトルをみることができるので『何がきっかけで株価が変動したのか?』をふりかえりやすいのも嬉しいポイントです。

さらに、過去にどの程度までPERやPBR、配当利回りが上昇したか(また下落したか)をチェックすることで、現在の株価の水準が割高・割安の判断材料の1つとして使うことができます。

 

銘柄比較

最後に、「銘柄比較」の機能を紹介します。

マネックス証券の「銘柄スカウター」の銘柄比較

銘柄比較では、株価指標やアナリスト評価など、様々な項目を表形式で一覧比較したり、グラフ表示させることで視覚的な比較も簡単にできます。※グラフで比較できるのは、通期業績・四半期業績・株価指標で、最大6銘柄まで対応しています。

同業他社比較が簡単にできるのはありがたいですね♪

 

銘柄スカウターは新機能が続々増えている

ここまで紹介してきたように、マネックス証券の銘柄スカウターには、ファンダメンタル分析に必要な基本的な情報がつめこまれています。

さらに銘柄スカウターは、投資家の意見を参考にしながら続々と新しい機能が追加されています。2019年には、すでに2回の機能拡充が行われてるのも凄いですね。

 

日付 掲載された機能
2017年10月26日 ・最長過去10年の企業業績
・企業が決算短信等では発表しない3ヶ月に・区切った業績
・PERやPBR、配当利回りを最長5年間グラフ表示
・複数銘柄の株価指標などの比較機能
・過去の配当実績や配当性向など配当関連情報
・決算発表スケジュール
2018年1月24日 ・セグメント業績
・アナリストリビジョン機能
・銘柄比較機能の改善
・1株あたり利益(EPS)や1株あたり純資産(BPS)
2018年4月16日 ・企業情報
・お気に入り銘柄の登録銘柄数拡充
2018年5月30日 ・企業の業績予想修正履歴
・業績データの更新時間が23時から18時に早まる
2018年11月9日 ・「企業情報」に各企業のウェブサイトへのリンクを追加
・決算速報ニュースを大幅に強化
2019年1月28日 ・「業績修正を探す」機能
・通期業績推移・キャッシュフロー推移の表示期間を延長
2019年4月15日 ・10年スクリーニング機能

引用:マネックス証券公式HP

実際は、この記事では紹介しきれなかった機能もまだまだありますので、ぜひご自身で試してお気に入りの機能を見つけてみてください。

女性のアイコン

私も『今後もどんどん便利に進化していくのでは?』と期待しています!

 

最後に

私自身、以前は自分で数字を計算してひとつずつExcelに入力してグラフ化などをしていたので、ひとつの銘柄を分析するのに膨大な時間がかかっていました。

しかし、「銘柄スカウター」のような便利なツールを見つけてからは本当に銘柄分析の負担が減りましたし、そのおかげでより多くの銘柄に目を通せるようになりました。銘柄スカウターは、マネックス証券に口座開設をしていれば完全無料で使えますので、ぜひ上手に活用してみてください。

⇒「マネックス証券の特徴や評判はこちら

  

合わせて読みたい

銘柄分析には、GMOクリック証券の財務分析ツールもおすすめです!財務分析ツールは、財務諸表を自動でグラフ化して、着目すべき箇所まで診断してくれる優れものです。マネックス証券の「銘柄スカウター」にはない機能ばかりですので、併用することでより分析力が高まります!

⇒「GMOクリック証券の財務分析ツールで企業分析の負担が大幅減!