株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

マネックス証券のおすすめポイントは?特徴から口座開設方法まで詳しく解説!

マネックス証券の特徴から口座開設方法まで詳しく解説

今回は、私が普段から利用している証券会社のひとつである「マネックス証券」の特徴や口座開設方法について紹介します。

マネックス証券には、IPOが公平抽選で当選しやすい・米国株の取扱いが豊富・注文方法が多様・分析ツールや投資の情報ツールが充実など様々なおすすめポイントがありますので是非参考にしてみて下さい!

 

少額投資の売買手数料が安い

まずマネックス証券での日本株取引の売買手数料についてです。

マネックス証券では、現物取引は税抜100円~、信用取引は税抜95円~となっており現物取引、信用取引共に少額投資の手数料が割安になっています。

 

一注文ごとの売買手数料

1注文ごとの売買手数料は以下の通りです。

取引手数料
1注文の約定金額  現物取引 信用取引
10万円以下
100円
95円
10~20万円
180円
140円
20~30万円
250円
190円
30~40万円
350円
190円
40~50万円
450円
190円
50~100万円
1000円(成行)
1500円(指値)
355円
100~150万円
約定金額の0.1%(成行)
約定金額の0.15%(指値)
600円
150~200万円
800円
200万円以上
1000円

少額な取引であれば手数料は安いですが、現物取引では50万円以上の高額な取引となるとやや割高な印象です。

しかし、スマートフォン用アプリ「マネックストレーダー株式スマートフォン」を活用することで現物取引の手数料を抑えられます

現物取引ではスマートフォン用アプリ「マネックストレーダー株式スマートフォン」で取引した場合に限り、約定金額が50万円以上は、指値・成行に関わらず「0.1%(税抜)」の手数料で利用できます。

 

一日定額手数料

一方で、デイトレーダーで一日に何度も売買を繰り返している人は1注文ごとの手数料だと割高になりやすいです。

そんな時は、一日の約定金額の合計に対して手数料がかかる一日定額手数料コースを選択することも出来ます。

定額手数料
一日の約定金額合計  手数料(税抜)
300万円まで
2500円
600万円まで
5000円
以降300万円増えるごとに
2500円ずつ増加

女性のアイコン

自分の投資スタイルに合わせて手数料の支払い方法を選択できる!

 

公平抽選でIPOが当選しやすい

次に、 私がマネックス証券を開設するきっかけになったIPOについて紹介します。

IPOとは、新しく上場する企業の株を上場前に購入することを言います。

このIPOには、公募価格(抽選で買う価格)が元々安く設定してあることもあり、初値(最初に市場で付く価格)が大きく値上がりしやすい特徴があります。

IPO株

以下は、2018年に新規上場した会社の初値売りの利益です。HEROZのように一回の当選でなんと400万円を超える利益が出ることもあるのです。

2018年のIPOの初値売りの利益
 銘柄名 公募価格 初値 初値売りの利益
kudan
3,720円
14,000円
+約103万円
HEROZ
4,500円
49,000円
+445万円
ビープラッツ
2,200円
100,000
+78万円

リスクが低い割に大きな利益が得られる可能性のあるIPO投資は大人気なので、抽選で当選しないと購入することは出来ません。

IPOは資金の多い人ほど抽選権が増え当選しやすくなる証券会社が多いのが難点です。

しかし、マネックス証券であれば抽選権利が1人1票制で資金の量に関わらず当選確率が平等になっています。つまり、資金量の少ない人にも平等に当選する可能性があるのです。 

女性のアイコン

マネックス証券なら、10万円のIPO株の当選確率が資金10万円の人と資金1000万円の人で同じ!

★マネックス証券の新規口座開設はこちらから: マネックス証券

 

米国株の取扱い件数が豊富

マネックス証券は、海外投資商品の取扱いが多く、外国株投資にも向いています。

特に米国株には力を入れており、3300銘柄以上もの米国株に投資することができます

例えば、TVCMで馴染みのあるホテル比較サイト「トリバゴ」や、日本に店舗が増えてきている高級ハンバーガーチェーン「シェイクシャック」の株を買う事もできちゃいます。

女性のアイコン

米国の個別株に投資したいなら銘柄数の多い「マネックス証券」がおすすめ!

さらに、「マネックス証券」の米国株は取引機能も充実しています。

  • 「指値」「成行」以外に『逆指値』などの条件付き注文ができる!
  • 最長90日先までの指値注文が可能
  • 時間外取引にも対応してる

関連記事:米国株投資におすすめの証券会社はどこ?投資スタイル別の選び方を紹介!

 

株式の注文方法が多彩

マネックス証券では、株式の注文ツールにも力を入れています。

株式の注文方法が多彩で指値・成行注文以外にも以下のような注文方法があります。

  • 逆指値注文
  • ツイン指値注文
  • 連続注文
  • リバース注文

それぞれどのような注文方法なのか簡単に説明します。

逆指値・ツイン指値注文

まず逆指値注文は、指値注文の逆の注文方法で以下のような注文ができます。

  • 逆指値で買い注文:指定した価格以上になったら買う
  • 逆指値で売り注文:指定した価格以下になったら売る

逆指値注文を使えば、1000円の株が「上昇して1300円以上になったら買う」 「下落して800円以下になったら売る」という指定ができるので、上昇トレンドでの買い増しや、株価下落時の損切りなどに活用ができます。

さらに、「指値」と「逆指値」を同時に出せる「ツイン指値注文」という注文方法もあります。

 

連続注文

次に連続注文とは、最初に出した注文が約定したら、自動的に次の注文を出すといった「連続した注文」が可能となる注文方法です。

例えば、「A社の株を買いたいけど、資金が足りない」「いま持っているB社の株が売れば、その資金でA社が買える」という場合に、B社が売れた場合に限りA社を買うという注文を設定することができるのです。

  • B社:指値で売却注文発注
  • A社:連続注文で成行買い注文を発注

このような設定をすることで、B社が売れ増えた残高で、自動的にA社を買うことができます。

 

リバース注文

最後にリバース注文とは、一度に買い注文と売り注文を同時に出すことができる注文方法です。

例)現在950円のA社の株が上昇しそうだが、利益が出たらすぐ売りたい場合。

通常であれば、買い注文が約定してからでないと、売り注文を出すことができません。しかしマネックス証券のリバース注文なら、以下のように設定することができます。

  • 指値:1000円で買い注文
  • リバース注文で1200円での売り注文も発注

これにより、買い注文と売り注文を同時に発注することができるので、手間も少なくなったり、売買のタイミングを逃さなくなるメリットがあります。

女性のアイコン

事前に条件を設定しておけば自動売買してくれるので、仕事で日中の株価が見れない人にもおすすめ!

 

スポンサーリンク

 

分析ツール・トレードツールが充実

銘柄スカウター 

マネックス証券では、口座を保有している人なら無料で使える銘柄分析ツール「銘柄スカウター」があります。 

決算の進捗状況・業績の推移(通期と四半期ごと)・過去との比較など1人でまとめようとすると多大な時間がかかりそうな情報をまとめて表示してくれます。

銘柄スカウター

参照:マネックス証券公式サイト

個人的には、過去のPERの推移が見れる【株価指標】の項目を特に重宝しています。

銘柄スカウター

参照:マネックス証券公式サイト

PERは株価に直結するので、過去にどの程度まで上昇していたかを把握できるのは非常にありがたいです。

関連記事:PERとEPSを使った目標株価の計算方法とは?  

 

トレードステーション

トレードステーションとは、マネックス証券から提供されているトレーダー向けの高機能ツール(利用料無料)です。

info.monex.co.jp

トレードステーションの特徴は以下の通りです。

  • 機関投資家のような自動売買を行うプログラム注文が出せる
  • ワンクリックで注文ができる
  • 高機能なチャート分析機能を備えている
  • 手数料が取引スタイルに合わせて選べるようになる

女性のアイコン

トレード好きな方には魅力的なツールが豊富に用意されています。

 

 口座開設方法

最後に、パソコンでのマネックス証券の口座開設方法を簡単に説明します。

マネックス証券のHPを開き、口座開設はコチラをクリックしましょう。

★マネックス証券の新規口座開設はこちらから: マネックス証券

 

▼まずは、本人確認書類の提出方法を選択します。

マネックス証券の口座開設

簡単で素早く口座開設ができるペーパーレス口座開設がおすすめです。

ペーパーレス口座開設なら、スマートフォン等のカメラで、本人確認書類(運転免許書・マイナンバーカードなど)を撮影しアップロードするだけで提出できます。

▼続いてお申込み内容の入力フォームをクリックして、基本情報を入力していきます。

マネックス証券の口座開設

特定口座の選択に関しては、特定口座で開設する(源泉徴収あり・配当等の受入れあり)を選ぶのがおすすめです。

「特定口座」で開設すると、確定申告に必要な書類を証券会社が代行して作成してくれます。また、「源泉徴収あり」「配当等の受入れあり」を選択することで、

  • 株の利益にかかる税金を、証券会社が代行して納税する
  • 株式の損失と配当所得の損益通算を、証券会社が代行して納税する

⇒自分で確定申告をする必要がなく非常にラクになります!

入力が完了したら、本人確認書類をアップロードして完了です。あとはマネックス証券から「口座開設完了のご案内」が送られてくるのを待ちましょう。

受付が完了し、実際に口座へログインできるようになるまで数日かかりますので、早めに準備しておくのがおすすめです。

また、口座開設は無料で出来ますし、ひとりで複数の証券会社の口座を持つ事もできますのでこの機会に開設してみてはいかがでしょうか?

★マネックス証券の新規口座開設はこちらから: マネックス証券