株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

PERとEPSを使った目標株価の計算方法とは?

PERとEPSを使った目標株価の計算方法とは?

「目標株価ってどうやって計算しているの?」「そもそも株価の高い安いってなに?」という悩みはありませんか。

株価がどの程度まで上がるかを予測できれば、あわてて売ることなく目標株価まで保有し続けることができるようになります。しかし、株価の本来の価値を把握できていないと、少し株価が上がっただけですぐに売却してしまうおそれがあるのです。

私自身、目標株価を意識した投資するようになったことをきっかけに、株式投資で利益を出せるようになったので、今回は目標株価の計算方法を紹介したいと思います♪

株価=PER×EPS

目標株価の計算方法の前に、まず「株価がどのように算出されているのか?」の説明をします。

株価=PER×EPS

上記の図を見ると、株価はPER(株価収益率)EPS(一株利益)という二つの数値のかけ算で求められることがわかります。かけ算ということは、PER・EPSの値が高まれば、株価も上がるという訳です!

例)PER15倍、EPS100円の場合

PER15倍、EPS100円だと、

  • PER15倍×EPS100円=1500円

よって株価は1500円になります。ここから、PER15倍⇒20倍 EPS100円⇒150円に上昇すると、

  • PER20倍×EPS150円=3000円

PERとEPSが共に上昇したことで、株価は1500円から2倍の3000円になるのです。

PER、EPSが上がると株価も上がる

株価はPERとEPSの数値に比例して変動します。つまり、株価がどの程度まで上がるかは、PERとEPSにどの程度の上昇余地があるのかを予測することで求められるのです。

 

PERとは?

まずPERとは「 一株当たりの利益に対し、株価が何倍にまで買われているか?」を表す指標です。このPERは、会社の将来性や成長率に対する投資家の期待感や人気度によって変動します。 

PERの説明

PERにどの程度上昇余地があるのかには、会社の成長率や将来性、業種などから判断する必要があります。成長率から妥当PERを求める方法は重要なので、「PERの割安な水準とは?PERと成長率を比較しよう!」の記事で詳しく解説しています。

 

EPSとは? 

EPSとは1株あたりの純利益です。この数値は、「会社の1年間の活動で得ることの出来た利益」を「発行済み株式数」で割って計算した値です。

  • EPS=「会社の1年間の活動で得た利益」÷「発行済み株式数」

分かりやすくいうと、会社の利益を平等に分けた時の1株あたりの取り分がEPSです。この数値は会社の利益によって変わりますので、会社の業績が上がり利益が増えればEPSは上昇、利益が減るとEPSが減少します。

EPSの説明図 

EPSの上昇余地を予測するには、「会社の利益が将来的のどの程度増えるか?」を予測する必要があります。過去の業績や今後の事業展開、中長期計画などを活用して自分なりに会社の成長予測をたててみましょう!

EPSの説明

PERとEPSの詳しい見方については、「PERとEPSの見方を解説!」の記事で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

 

目標株価を計算しよう

PERとEPSの上昇余地を予測することで、将来の目標株価が計算出来ます。先ほど紹介した「PERの割安な水準とは?」PERと成長率を比較しよう! の記事を参考に、目標株価を計算してみましょう。

 例)PER10倍、EPS100円の会社が毎年10%成長を続けている場合

現在の株価は、

  • PER10倍×EPS100円=1000円

「この会社は、毎年10%成長を続けているので、PER20倍程度まで買われても良いはず。」「毎年10%ずつ利益が増えれば、3年後にはEPSは130円程になるだろう。」などと予測をします。

PERは(10倍から20倍で)2倍、EPSは(100円から130円で)1.3倍の上昇余地があると予測した場合の目標株価は以下のようになります。

  • PER20倍×EPS130円=2600円

よって、現在の株価1000円に対する3年後の目標株価は2600円となります。

このように、PERとEPSがどのように変化するかを予想することで、3年後の目標株価を簡単に計算できます。ちなみに、一般的に株価は業績より先行する性質があるため、人気や期待が高まればもっと早く株価に反映されることも考えられます。

 

目標株価を目安にした投資法

目標株価を算出できるようになったら、以下のような手順で目標株価を活用した投資をしてみましょう!

  1. PERとEPSが将来的にどの程度まで伸びるかを予測し、目標株価を計算
  2. 「自分で予測した目標株価」と「会社の現在の株価」を比較する
  3. 目標株価に対して現在の株価が割安なら、株を買う(割高なら見送る)
  4. 自分が予測した目標株価に近付くまで保有し、目標価格付近で売却する

目標価格と現在の価格の図

目標株価に対して、現在の株価が安ければ安いほどお得です。反対に、いくら魅力的な会社であっても、目標株価以上の株価になっている割高な会社は買わないよう気を付けましょう。

過去のPERの推移に注目する

ちなみに私は目標株価を計算するときに、過去のPERの推移に注目しています。

銘柄スカウター

参照:マネックス証券公式サイト

上記はマネックス証券の銘柄スカウターというツール(無料)です。過去にどの程度までPERが上昇したか(また下落したか)が一目で把握できるので、目標株価を計算するときに重宝しています。

⇒「マネックス証券の「銘柄スカウター」の機能や活用方法とは? 

安くて良いものを探す人  

 

上方修正や下方修正で株価が大きく変動する理由

会社が上方修正や下方修正を発表すると、株価が大きく変動します。これにも、PERとEPSが関係しています。上方修正や下方修正は、PERとEPS両方の指標に影響が出るため、株価が大きく変動しやすいのです!

PER15倍、一株益100円の株が上方修正した場合

  • 株価=15倍×100円=1,500円 

この会社が、一株利益が100円から130円の上方修正を発表したとします。

すると、理論上は変わるのはEPSの部分だけです。

  • 株価=15倍×130円=1,950円

しかし上方修正が出ると、投資家から今後の成長を期待されるようになります。すると、PERも15倍から20~25倍程度に上がることがあるのです。

  • 株価=20倍×130円=2,600円

すると株価はなんと1,500円から2,600円にまで上昇します。

PERとEPSの両方が上がるので、それだけ株価も大きく上昇するのです。このような動きは、実際の株式市場でも頻繁にみられます。

反対に下方修正が起こると、PERとEPSの両方が下落し、株価に大打撃を与える可能性があるので、もともと投資家からの期待が強い高PERの株への投資などは、特に注意が必要です。

 

最後に

目標株価は、予測する人によって差がでます。将来の成長性の予測というのは明確な答えがあるわけではないからです。

そのため「今の株価が高いと判断する人は、売り」「今後の成長を加味するとまだまだ安いと判断する人は買い」というように判断が分かれます。

自分なりの見解を持とう

目標株価を正確に予測をすることは簡単ではありません。しかし、それでも株価や他の投資家に惑わされないためには、自分なりの見解を持つことが大切です。

それにより、株価が少し上がってすぐ手放すのを防げますし、予想以上に上がった場合でも「今の値段で買えるか?」「そろそろ売却すべきではないか?」など冷静に判断しする事が出来るようになると思います。

女性のアイコン

経験を積むことで、少しづつ予測精度も高まっていくはず!

おすすめ記事:私が今まで株式投資で役立った勉強法をまとめて公開しています。「何から勉強すれば良いか分からない人」や、「独学で勉強したい人」は是非参考にして下さい。

www.sumire100m.com