株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

【2019年版】株式投資で役立つサイト&ツール15選!全部無料!!

株式投資の情報収集で役立つサイト&ツール15選!全部無料!!

今回は、株式投資で役立つサイトやツールを15紹介していきます。紹介するサイトやツールは、投資をする上で強い味方となるものばかりです。さらに、今回は無料で使えるものに限定して紹介していますので、ぜひ気軽に試してみてください。

個別銘柄の検索や分析におすすめ

まずは、株式投資で個別銘柄の検索や分析に使える便利なサイトやツールを5つ紹介します。

マネックス銘柄スカウター

マネックス銘柄スカウター

おすすめ度★★★★★

銘柄分析をする上で欠かせないのが、「マネックス銘柄カウンター」です。銘柄スカウターでは、最長過去10年間の業績や、3ヶ月ごとに区切った業績をグラフで分かりやすく表示したり、PERや配当利回りなどの過去の推移がグラフで簡単にチェックできます。

銘柄スカウター参照:ニトリ(2019年4月現在)

さらに、株価指標やアナリスト評価など様々な項目で、簡単に同業他社比較もできる優れものです。(マネックス証券に口座を持っていれば無料で使えます。)

⇒「マネックス証券を詳しく見る

 

GMOクリック証券の分析ツール

f:id:sumire100m:20190417215129p:plain

おすすめ度★★★★★

ファンダメンタル分析をするのに欠かせないのが、GMOクリック証券の分析ツールです。こちらを活用すれば、「株価分析」「財務諸表」「経営分析」「シミュレータ」などの財務分析を簡単に行えます!

特に財務諸表分析ツールは、最大で10年分の財務諸表(損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書)を自動でグラフ化し、財務状況のどこに着目すれば良いかまで診断してくれるのでとても重宝しています。(GMOクリック証券に口座を持っていれば無料で使えます。)

⇒「GMOクリック証券を詳しく見る

 

バフェット・コード

バフェット・コード

おすすめ度★★★★★

銘柄の情報収集やスクリーニングには、「バフェット・コード」がおすすめです。バフェット・コードは、気になる銘柄を入力するだけで、その銘柄の株価・財務情報・指標などの情報をすばやくチェックすることができる素晴らしいツールです。

さらに、他社との銘柄比較や、「売上原価」「ROIC」「減価償却費」などといった詳細な項目でスクリーニング検索することもできるので、ぜひ試してみてください。

⇒「バフェット・コード | ワンストップで効率的な財務分析ができるツール

 

株マップ.com

株マップ

おすすめ度★★★

株マップ.comは、クォンツ・リサーチ社が提供している投資情報サイトです。クォンツ・リサーチ社では、各銘柄に対して成長性、割安性、企業規模、テクニカル、財務健全性、市場トレンドの観点でスコア付けをしています。

クォンツスコア

このように自分の好みの銘柄をスコアでスクリーニングすることもできます。他にも、「株式ランキング」や「銘柄診断」など無料でも使えるツールが充実しています。

⇒「株マップ.com 株式情報 株式検索サイト

 

チャート形状銘柄検索

SBI証券出典:SBI証券公式サイト

おすすめ度★★★★

チャートの検索におすすめなのが、SBI証券の「チャート形状分析ツール」です。チャート形状分析ツールでは、「25種類のチャート形状」から、好みのチャート形状に該当する銘柄をまとめて検索することができます。

さらに、チャートの期間・市場・業種・値動きの大きさなどで、条件を絞って検索することもできるの優れものです。この検索ツールを使えば、簡単に自分好みのチャート形状の銘柄を探すことができます。

⇒「SBI証券を詳しく見る

 

毎日の情報収集におすすめ

続いて、投資情報やニュースが毎日更新される便利なサイトを4つ紹介します。

日経テレコン(楽天証券版)

日経テレコン(楽天証券版)

おすすめ度★★★★★ 

通常、日経新聞電子版を購読すると月額4,200円、年間50,400円かかりますが、楽天証券版の日経テレコンを利用すると、日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなど直近3日分までの記事が無料で見れるようになります。

また、記事検索で気になる企業の記事を過去1年分までさかのぼって検索できるなど無料で使える情報ツールとしてはとても優れています。(楽天証券に口座を持っていれば無料で使えます。)

⇒「楽天証券を詳しく見る

 

ヤフーファイナンス

ヤフーファイナンス

おすすめ度★★★★★

ヤフーファイナンスの「ニュース」では、株探・モーニングスター・トレーダーズウェブなど複数の情報サイトで取り上げられた個別銘柄情報を一覧で確認できるので重宝しています!また、銘柄ごとに「掲示板」があるので、他の投資家の意見を投資判断に役立てることが出来ます。

⇒「Yahoo!ファイナンス

 

株探

株探

おすすめ度★★★★

株探では、「市場ニュース」や「決算速報」「銘柄探検」など投資に関する情報が豊富に掲載されています。株探で、特におすすめなのが「決算速報」です。決算を発表した銘柄が新着順に一覧表示されています。そのため、決算短信をひとつずつ確認しなくてもタイトルから決算情報・修正内容などが把握できます。

また、個別銘柄の「決算」項目では、累計の業績だけでなく、3か月ごとの業績を確認できる点も魅力です。

⇒「株探

 

みんなの株式

みんなの株式

おすすめ度★★★

みんなの株式は、「個人投資家の株価予想」や「株式ランキング」など見どころの多いサイトですので、色々眺めているだけでも楽しめます。

特に、「注目のテーマ株」や「株価チャートの値動き」「利益や健全性」などの観点から好みの銘柄を探せる株価検索機能がおすすめです。

⇒「みんなの株式 - 株式投資の総合サイト・株価予想・ニュース・SNS

 

保有銘柄の管理に役立つ

続いて、保有銘柄の管理や、資産運用をする上で役立つ便利なサイトやツールを4つ紹介します。

マイトレード

マイトレード

おすすめ度★★★★

マイトレードは、資産推移や取引履歴、保有銘柄や現金の比率、年間成績などを自動集計してくれるスマートフォン用のアプリで、基本的な機能はすべて無料で利用することができます。

私自身、マイトレードを使ったことで、自分で記録する手間がなくなったり、さまざまな角度から資産状況を把握できるようになりました!

普段から株取引の管理や記録に時間がかかっている人も、マイトレードのような便利なツールを利用することで、浮いた時間を銘柄分析や勉強などに有効活用できるようになるのではないでしょうか。

⇒「マイトレードの詳細はこちら

 

適時開示情報なう

適時開示なう

おすすめ度★★★★

「適時開示なう」は、お気に入りの企業を登録しておくと「適時開示情報」の公開をプッシュ通知で教えてくれるスマートフォンのアプリです。

このアプリを入れておけば、企業の「決算短信」「増配」「株主優待新設」などを瞬時に知らせてくれるので、見逃す事がなくとても便利です!

⇒「「適時開示なう」をApp Storeで

※適時開示なうは、iPhoneでないと使えません。androidでは類似アプリ適時開示(TDNet)などを試してみて下さい!

 

株ライン

株ライン

おすすめ度★★★★

今の時代、Twitterで銘柄の情報収集をしている方も多いと思います。私も、気になる銘柄をTwitterで検索して情報を探すことがあるのですが、企業名によっては探すのが大変です。

そこでおすすめなのが「株ライン」です。株ラインでは、気になる銘柄名で検索すると、個人投資家のツイートだけを読めるような仕組みになっていますので、効率的に情報収集が出来ます!

⇒「株ライン | ツイッターで株式銘柄探し 株価情報

 

複利計算

複利計算

おすすめ度★★★

複利計算は、「元金」「利率」「期間」を入力すると、いくら増えるのかを自動で計算してくれる便利なサイトです。

自分の資産が、将来的にどこまで増えそうか?など資産運用計画をたてるのに役立てることができます。また、期間が長くなると、雪だるま式に資産が大きく増えるので、複利の凄さが実感できると思います!

⇒「複利計算

 

投資の勉強に役立つ

最後に、投資の勉強に役立つおすすめのサイトを2つ紹介します。

トウシル

トウシル

おすすめ度★★★★

トウシルは、楽天証券が運営しているサイトです。初心者向けに投資の基本をやさしく解説している記事から、プロの投資家の勉強になる記事まで豊富に掲載されています。個人的には、足立武志さんの記事が好きでよく読んでいます。

⇒「トウシル | 楽天証券の投資情報メディア

 

FROGGY(フロッギー)

FROGGY(フロッギー)

おすすめ度★★★★

FROGGYは、SMBC日興証券が運営しているサイトです。投資やお金に関するコラムが分かりやすくて読んでいて飽きません。

特に、個人投資家へのインタビュー記事は、成功している方の投資手法や投資に対する考え方を学べるので毎回勉強になっています。

⇒「FROGGY(フロッギー)

 

最後に

ここまで株式投資で役立つ15のサイトやツールを紹介してきました。最近は、無料でも高機能で価値の高いものが本当に増えてきました。

上手く活用することで、お金をかけなくても有益な情報を収集することができるようになったり、時間の節約にもなりますので、気になったものがありましたら、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

関連記事:米国株の情報収集に役立つサイトは、以下の記事にまとめていますので参考にしてみて下さい。

www.sumire100m.com