株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

優待株探しにおすすめ!マネックス証券の「株主優待検索」の特徴や使い方を解説

優待株探しにおすすめ!マネックス証券の「株主優待検索」の特徴や使い方を解説

お気に入りの株主優待を探すために、証券会社のスクリーニングツールを使っている方も多いと思います。

今回は、どのツールを使えばいいか分からないという方向けに、私が普段から利用しているお気に入りのツール「マネックス証券の株主優待検索」の使い方やおすすめポイントを紹介します。

ちなみに、マネックス証券の株主優待検索は、2019年6月24日に大幅リニューアルしてから、とても使い勝手が良くなりました♪

マネックス証券の株主優待検索の特徴

マネックス証券の株主優待検索出所:マネックス証券ウェブサイト

マネックス証券の「株主優待検索」は、優待内容が写真やイラストでわかりやすい、検索項目が充実している、スマートフォンでも快適に使えるといった特徴があります。

また、検索結果の表示形式を変更できるので、一度に多くの優待にを通しやすくなり効率的にスクリーニングできるところが気に入っています♪

 

マネックス証券の株主優待検索の基本的な使い方

それでは、マネックス証券の株主優待検索の基本的な使い方を紹介します。

マネックス証券の株主優待検索出所:マネックス証券ウェブサイト

まず、マネックス証券のウェブサイトにアクセスして、株式取引画面の「株主優待から探す」をクリックすると、株主優待検索が開きます。

矢印

マネックス証券の株主優待検索出所:マネックス証券ウェブサイト

株主優待検索の左側のカテゴリーから、絞り込みたい条件を選択します。

条件を選択するたびに該当銘柄数が表示されるので、絞り込み過ぎないように調整しながら検索できます♪※PCで閲覧する場合に使える機能です。

矢印 

マネックス証券の株主優待検索出所:マネックス証券ウェブサイト

該当銘柄が多い場合などは、並び替え機能を活用してみてください。

ちなみに、PER・PBR・配当利回り・逆日歩での並び替えは、マネックス証券に口座を持っている人限定の並び替え機能です♪※マネックス証券のサイトにログインしないと使えません。

矢印

マネックス証券の株主優待検索出所:マネックス証券ウェブサイト

あとは、検索した優待一覧の中から、お気に入りの優待を探してみてください♪

ちなみに、優待内容の写真をクリックすると、優待の詳細情報や、選択した会社と似たような株主優待を提供している会社も合わせてチェックできます!

女の子
スミレ

操作が簡単で見やすいので、初心者の方でも安心♪

 

マネックス証券の株主優待検索のおすすめポイント

株主優待が写真やイラスト付きで表示される

株主優待は、自社製品や自社商品にする会社が多いので、写真がないと何がもらえるのか把握しづらいのが難点です。せっかく希望の条件で検索しても、優待の写真がないと企業HPや個別銘柄ページでひとつひとつ調べることになるので手間がかかりますね…。

そこで、マネックス証券のように写真付きだと素早く優待内容を把握できるので、効率的に銘柄をさがせるようになりますよ♪

表示形式を変更するとより効率的に検索できる

検索条件によっては、検索結果が多くヒットすることもあると思います。そんなときには、画面右上の切替ボタンをクリックすることで、表示形式が1列から3列表示に変わります。

特に、候補が多い場合には効率的に目を通せるので重宝しています♪※PCで閲覧する場合に使える機能です。

マネックス証券の株主優待検索出所:マネックス証券ウェブサイト

検索条件が充実してる

マネックス証券の株主優待検索は、21種類にカテゴリー分けされた優待内容や、権利確定月、最低獲得金額、業種、上場市場といった複数の条件の中から検索ができます。

さらに、こだわり条件では、「長期保有メリットのある銘柄」や「年に複数回優待をもらえる銘柄」などに絞って検索することもできます!

スマートフォンでも快適に使える

マネックス証券の株主優待検索は、PCだけでなく、スマートフォンのアプリ(マネックス証券のアプリ~マネックス証券の証券取引、市況状況の総合アプリ)でも、快適に使えるように工夫されています。

マネックス証券の株主優待検索出所:マネックス証券アプリ

女の子
スミレ

外出先などでサクッと調べたいときに重宝します♪

 

最後に

私自身、さまざまな検索ツールを試してきましたが、特にマネックス証券の株主優待検索は、操作が分かりやすくて見やすいので利用しています。

優待株に投資したいと考えている初心者の方でも、気軽に使えると思います。

また、マネックス証券には株主優待検索以外にも、過去10年間の業績直近の四半期業績を対象にスクリーニングできる10年スクリーニングなど、個人投資家向けの充実したツールがそろっているので重宝しています♪