株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

【高配当株の基本】高配当株投資で失敗しないための4つのポイントを解説!

【高配当株の基本】高配当株投資で失敗しないための4つのポイントを解説!

株式市場が下落基調にあると高配当株が増えてきますので、高配当株への投資も注目されます。

しかし、配当利回りだけを見て選ぶと失敗してしまうおそれがあります。そこで今回は、「高配当株投資」をする前に覚えておきたいポイントについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

高配当株へ投資するなら長期投資!

まず、配当目的で高配当銘柄へ投資するならば、短期投資ではなく長期投資がおすすめです。長期投資をしているだけで、自然と投資金額を回収できてしまうからです。

例えば、税抜き後の配当利回りが5%の銘柄に100万円投資すると、理論上は20年で投資資金の100万円を回収できることになります。

配当金合計額(配当利回り5%の銘柄に100万円投資)
1年目 2年目 3年目 4年目
5万円 10万円 15万円 20万円
5年目 10年目 15年目 20年目
25万円 50万円 75万円 100万円

 

もし20年後に株価が同じ水準でも、配当だけで100万円の利益です。仮に、5年間投資して株価が25%下がっても25万円分の配当をすでに受け取っているのでプラマイゼロ…と考えると、面白味はないかもしれませんが、実はローリスクな投資といえます。

ただし、高配当株に投資するときには、配当利回りだけで選んでしまうと失敗するリスクが高まります。そこで、「長期に渡って高配当を維持できるか?」かを見極める必要があります。

 

高配当株投資で失敗しないための4つのポイント

それでは、高配当を維持できるかを確認するためのポイントを紹介します!

1.業績は安定してるか

配当は、会社の稼いだ利益の一部を株主へ還元しています。つまり、利益が出ていない会社や利益が減ってしまった会社は、株主へ配当を支払うのがむずかしくなるのです。

そのため、毎年の業績にバラつきのある会社よりも、横ばいか緩やかに成長している企業のほうが安心できます。

2.財務は健全か

業績が一時的に悪くなった場合でも、現金を豊富にたくわえている会社なら、減配をせずに現金を取り崩してしのぐことができます。しかし、現金などの貯えを会社が持っていなければ配当を維持することができず減配せざるを得なくなります…。

そこで、高配当株へ長期投資するときには、「業績が一時的に悪化しても配当を維持できるか?」にも目を向けることが大切です。現金同等物から有利子負債を除いた金額ネットキャッシュと言います)を目安にしてみてください。

以下は、ハニーズ(2792)の四季報と決算短信を抜粋したものです。

出典:SBI証券 四季報情報

出典:ハニーズHD 決算短信

ハニーズ(2792)の場合は、現金同等物82億円-有利子負債0円=ネットキャッシュ82億円です。また、2019年の配当金総額は8.4億円ですので、配当金総額の約10倍のネットキャッシュを持っていることになります。 

今後もし利益が出なくなったとしても、理論上は10年間は配当を継続できそうと見積もることができます。

3.配当性向は高すぎないか

配当性向とは、税引後当期純利益に対して、どのくらい配当金を支払っているかを%で表したものです。配当性向50%の会社なら、税引後当期純利益の半分を配当金にまわしていることになります。

配当性向がそれほど高くない(20~30%程度)会社は、利益が減っても配当を維持しやすく、増配も期待できます。逆に、配当性向が高すぎる会社は、利益に対して多額の配当を支払っていることになりますので配当を維持するのが大変です。また、増配余地も少なくなっていますので注意しましょう。

※配当や配当性向については、「高配当株の選び方」配当利回りの高すぎる株は危険?で詳しく解説しているので参考にしてください。 

4.高配当株投資に向かない銘柄とは

高配当株投資には、あまり向かない銘柄というのも存在します。

まず、業績が景気によって変動する景気敏感株です。景気敏感株は業績が安定しにくいので、減配リスクが高く投資判断がむずかしいのが難点です。 

また、一般的に設立して日の浅い会社や成長に勢いのある会社は、たくさんの先行投資が必要なので、配当を多く出すことはむずかしいです。一方で成熟した大企業は、大きな成長が望めない分、配当金という形で株主に還元する傾向にあるので高配当株投資向きと言えます。

配当金を多く出す成熟企業

 

…ここまで4つのポイントを紹介してきましたが、実際すべての条件に当てはまる銘柄を探すのはむずかしいので、「条件から大きく外れていないか?」の目安に活用してみてください♪

 

最後に、高配当株を探すおすすめのスクリーニング方法を紹介します。高配当株を順番にならべて、ひとつづつ分析することもできるのですが…条件にあう銘柄をひとつずつ探すのは結構大変です。

そんなときは、マネックス証券のスクリーニングツールの活用がおすすめです。

マネックス証券のスクリーニングツールは、配当情報と自己資本比率・業種などの条件を組み合わせて検索できます。さらに、条件を追加するたびに該当銘柄数が変化するので、条件を絞りすぎてしまってもすぐに調整できるので重宝しています。

 

マネックス証券のスクリーニング

マネックス証券のスクリーニング

検索結果を並び替えたり、表示する項目も変更できます。気に入った条件を見つけたら条件を保存しておくこともできるので、ぜひ試してみてください♪

※マネックス証券には、10年スクリーニングと通常のスクリーニングが用意されているのですが、高配当株を探すのには通常のスクリーニングのほうが使いやすかったです。

 
高配当株投資で参考にしているサービス
証券会社 詳細
SBI証券 会社四季報
ネットキャッシュの計算に便利!
マネックス証券 スクリーニング
高配当株を探すのに役立つ!

※上記のサービスは、証券会社に口座を持っているだけで、無料で使えます♪