株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

SBI証券の特徴や評判

【限定】タイアップ企画中

当サイト限定!こちらのページから、SBI証券に口座開設+入金+振替で、

  • 現金2,500円
  • オリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」

をもれなく全員にプレゼント中です!※サイト限定ですので、プレゼントを受け取るためには必ずタイアップリンク先から、申し込むようにして下さい。

※やさしい株のはじめ方は、パートナーサイトですので当サイトからご参加できます♪

SBI証券450万口座(※2019年4月時点)で、ネット証券でナンバー1の口座開設数となっています。さらに、オリコン顧客満足度で2019年ネット証券第1位を獲得しており、利用者によるサービスの満足度も非常に高い証券会社です。

ネット証券会社最大手かつ個人投資家からの信頼力も高いので、初めて投資をする人にもおすすめです。

さらに、SBI証券には「手数料が業界最安値水準」「企業分析に使える情報ツールが充実」「IPOの取扱い銘柄数がネット証券最多」など個人投資家にとって魅力的なサービスが豊富に揃っています!

⇒「SBI証券の口座開設はこちら

 

株式の取引手数料

SBI証券が、個人投資家に支持されている理由のひとつが、手数料の安さです。SBI証券の手数料は、他の証券会社と比較しても最安値水準となっています。

 

アクティブプラン

まず1日の取引合計金額に応じて手数料がかかる「アクティブプラン」では、10万円以下の手数料が、なんと現物取引・信用取引ともに手数料が0円です!※信用取引と現物取引を併用すれば1日10万円+10万円=20万円まで無料。

10万円以下で買える銘柄は915社と、全体の約26%(2018/1/10時点)を占めていますので、少額投資や細かく売買する人におすすめのプランです。

SBI証券アクティブプラン(SBI証券公式サイトより2019年4月)

 

スタンダードプラン

1回の取引金額に応じて手数料がかかる「スタンダードプラン」では、5万円以下なら50円と格安で取引ができます。また、取引金額が増えても手数料が抑えられるので、一度に大きな金額を取引する人におすすめのプランです。

SBI証券スタンダードプラン(SBI証券公式サイトより2019年4月)

 

会社の状況を一目で把握できる!

SBI証券には、ややこしい企業分析をサポートしてくれる便利な無料ツールが揃っています。

参照:イーサポートリンク(2019年4月現在)

例えば、業績の進捗状況を、「晴れ」「曇り」「雨」で簡単にイメージできたり、会社を「成長性」「割安性」「健全性」などでスコア付けして、強みや弱みを直観的に把握できるクオンツスコアなどがあります。

さらに、SBI証券なら最新の会社四季報無料で見ることができますので、企業分析が苦手な人や投資の経験が少ない人は、積極的に活用してみてください♪

 

検索ツールで気になる会社がみつかる!

SBI証券の株主優待検索ツールなら、「優待内容」「優待権利確定月」「最低購入金額」などから絞り込んで検索することができます。さらに、「閲覧回数順」や「最低金額順」に並び替えることも可能です。

自分の好みにあった株主優待を簡単に探すことができますので、株主優待を目的に投資をする人必見のツールです!

また、SBI証券の「チャートの形状銘柄検索」を使うと、チャート形状で銘柄を探すことができます。さらに、検索するだけでなく「チャート期間」「市場」「業種」「値動き」などで絞り込むこともできるので、簡単に自分好みの銘柄を探すことが可能です!

 

IPOの取り扱い実績がネット証券最多!

SBI証券は、当選すると大きな利益が期待できる「IPO(新規公開株)」の取り扱い実績がネット証券最多です。

SBI証券では、完全抽選とポイント抽選の2種類の抽選方式があります。

抽選方式 割合 当選者の選び方
完全抽選 35% 当選者は抽選で決める。資金量の多い人ほど当選確率up
ポイント抽選 15% IPOチャレンジポイント使用数が多い人から順に当選

 ※その他に店頭配布分もあります

完全抽選では、申込口数の多い人ほど当選確率がupするので資金が多いほど有利な仕組みです。一方のポイント抽選は、SBI証券独自の制度でIPOに外れるたびにもらえるIPOチャレンジポイントの使用数が多い人から順に当選する仕組みです。

IPOチャレンジポイントは、集めれば集めるほど当選する可能性が上がっていきますので、資金量の少ない人にもチャンスがあります♪

 

夜間取引ができる!

SBI証券では、市場が閉まっている夜間でも取引ができるPTS取引を扱っています。

PTS取引は、通常の取引と比較すると、参加者が少ないため注文数も少ないデメリットがありますが、日中忙しい人でも夜にゆっくり株の売買ができるメリットがあります。

また、多くの企業が大引け後に決算発表を行うのですが、PTS取引を使えば翌営業日まで待たなくてもその日に売買することができるようになるので、投資のチャンスが広がります♪

さらにSBI証券のスタンダードプランでは、PTS(時間外取引)の取引手数料が約5%安くなりますので、お得に取引できます!

 

外国株の取り扱いがネット証券最多!

SBI証券 米国株

SBI証券では、米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの9カ国の株式を取引きすることができます。(2018年10月現在)

さらに、個人投資家に人気の米国株投資業界最低水準の最低5ドルから取引ができます!

 

【限定】タイアップ企画

SBI証券との限定タイアップ企画実施中」です!

【限定】

当サイト限定!こちらのページから、SBI証券に口座開設+入金+振替で、

  • 現金2,500円
  • オリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」

をもれなく全員にプレゼント中です!※サイト限定ですので、プレゼントを受け取るためには必ずタイアップリンク先から、申し込むようにして下さい。

※やさしい株のはじめ方は、パートナーサイトですので当サイトからご参加できます♪ 

 

キャンペーン情報

「NISA」または「つみたてNISA」口座を開設すると抽選で2,000名に2,000円が当たります。(キャンペーン期間:~2019年5月31日まで)

⇒「SBI証券の口座開設はこちら