株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

GMOクリック証券の財務分析ツールが凄い!企業分析の負担が大幅減!

GMOクリック証券の財務分析ツールが凄い!企業分析の負担が大幅減!

企業を分析するには、財務諸表から会社の中身を知る必要があります。しかし、数字の羅列でややこしかったり、分析するのに手間がかかるので、ひとりで何社も分析するのは結構大変ですよね。

そんな中、財務諸表を自動でグラフ化して、さらに着目すべき点を診断してくれる素晴らしい分析ツールを見つけたので紹介したいと思います。私のように財務分析が苦手な人や、普段忙しくて分析に時間が取れない人に特におすすめです。

 

財務諸表はグラフ化がおすすめ

グラフ化して視覚的に理解する

企業分析する上で欠かせない、損益計算書貸借対照表キャッシュフロー計算書ですが、株初心者や会計が苦手な人にとっては分析するのが苦痛に感じるのではないでしょうか。

企業分析が苦手な人

そんなときにおすすめなのが、財務諸表をグラフ化する方法です。グラフ化することで視覚的に理解でき、全体像を掴みやすくなるメリットがあります。

※竹本容器の決算短信より抜粋

貸借対照表

貸借対照表のグラフ化

グラフ化は手間がかかるデメリットも

当ブログでも、以前から損益計算書貸借対照表キャッシュフロー計算書の記事でグラフ化して分析する方法を紹介してきました。 

財務諸表をグラフ化して視覚的に理解する方法はおすすめなのですが、グラフ化するのに手間がかかるので、ひとりで何社も分析するのがとても大変なのが悩みでした。

  • 自分で入力すると数字の入力ミスが心配
  • 過去数年分と比較したり、同業他社と比較しようとして途中で面倒になってしまう

そんな中で、私の悩みを解決する突破口となったのが、GMOクリック証券財務分析ツールでした。

 

GMOクリック証券の分析ツールの魅力とは?

GMOクリック証券で口座を開設すると、以下の4種類の分析ツールが使えるようになのですが、私が特におすすめしたいのが「財務諸表」です。

  • 株価分析
  • 財務諸表
  • 経営分析
  • シミュレーター

財務分析ツールの魅力は、財務諸表を自動でグラフ化して、さらに財務状況のどこに着目すれば良いかを診断してくれる点です。

GMOクリック証券の財務分析ツールが凄い参照:GMOクリック証券公式サイト

⇒「GMOクリック証券の特徴や評判はこちら

 

貸借対照表

財務分析ツールは、GMOクリック証券で、検索で企業名入力➤財務分析➤財務諸表の手順でクリックすると見ることができます。

貸借対照表をグラフ化

まずは、企業の安全性を見極めるのに役立つのに重要な「貸借対照表」の分析ツールを紹介します。試しに「竹本容器」で検索して財務諸表をクリックしてみます。

例)竹本容器 

GMOクリック証券の財務分析ツール 貸借対照表出典: GMOクリック証券公式サイト

すると、過去3年分の貸借対照表がグラフ化されて出てきます。今までの手間は何だったんだろうと思えるほど簡単です。さらに、最大で過去10年分のデータを見ることができるのも魅力です!

 

財務状況も診断してくれる

しかし、グラフ化したは良いけど「どこを見て、何を分析すれば良いか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

そこで役立つのが財務状況を診断する機能です(グラフの上に表示されます)。先ほどの竹本容器の分析結果を、以下に抜粋しています。 

 

「現金等」が「短期借入金」より多いことから、 短期の余剰キャッシュを多く抱えていると言えます。 したがってその使用用途を確かめる必要があるでしょう。

  • 「現金等」の保有には戦略的な意図があるかもしれません。次の投資先を知るために「事業戦略(IRページや、有報の事業サマリ)」を確認しましょう。
  • 「現金等」の株主への還元の可能性を「配当性向や自社株買い」の状況から確認しましょう。
  • 「仕入債務」と「売掛金」のバランスを確認して、短期的に現金が必要になる可能性があるかを確認しましょう。
  • 有価証券報告書から、流動資産の「有価証券」の内訳を確認しましょう。

引用:GMOクリック証券

 

企業ごとに、「財務諸表のどの部分を確認すれば良いか?」を具体的に教えてくれるので、この案内に従って調べれば、自然と分析が出来てしまうのです!

ただし、数値から自動で判断しているものですので、実際どうなのか?を自分でしっかり確認・分析する必要があります。 

女性のアイコン

「どこを見れば良いか」のヒントをもらえるが調べるのは自分。結果、自然と分析力も高まりそう!

 

同業他社比較もできる

さらに凄いのが、最大で3社まで同時に比較できる点です。この機能によって、同業他社比較が簡単にできてしまいます。

例)結婚相手紹介サービスのIBJ・ツヴァイ・パートナーAの比較

GMOクリック証券の財務分析ツール 同業他社比較引用: GMOクリック証券公式サイト

 

キャッシュフロー計算書

続いて、GMOクリック証券で使えるキャッシュフロー計算書の分析ツールを紹介します。

キャッシュフロー計算書は「企業の一連のビジネス活動の結果生じたお金の流れ」を表しています。会計操作しづらい財務諸表であり企業の本当の姿を知る事が出来るので、キャッシュフロー計算書は企業分析には欠かせません!

例)竹本容器

GMOクリック証券の財務分析ツール キャッシュフロー計算書引用: GMOクリック証券公式サイト

決算書は、数字の羅列でややこしいく感じる人も多いと思いますが、これなら、カラフルで分かりやすく、会社の状況もパッと頭に入ってきやすくなりますね。

また、キャッシュフロー計算書にも財務状況診断があります。

 

この3年間、積極的に将来のためにお金を使って(投資を行って)きましたが、 その成果が表れてきたためか、事業での稼ぎの額が投資額を上回りました。 「稼ぎ時に突入した」、と言えるかもしれません。

  • 「今後も継続してキャッシュを稼げるか?」がポイントになります。
  • 有価証券報告書で「対処すべき課題」や「事業等のリスク」を確認しましょう。
  • 「投資キャッシュフロー」の内訳を見て投資先の内容を確認しましょう。

引用:GMOクリック証券

 

このように、企業の状況を「お金の流れ」から診断して具体的に教えてくれます。キャッシュフローから分析できる事が豊富にあるというのが分かるのではないでしょうか。

こちらも貸借対照表と同じように、上記のアドバイスに沿って、自分で確認・分析してみましょう。

【補足】損益計算書もグラフ化できます!

GMOクリック証券の財務分析ツール 損益計算書引用: GMOクリック証券公式サイト

 

まとめ

私は、この財務分析ツールのおかげで数値入力ミスの心配もなくなり、過去との比較や同業他社比較がとても楽になりました。

また、新しく分析する会社でも「どこから分析していけばいいか?」のヒントが分かるので時間や労力が大幅に削減でき、今までよりも企業分析が楽しめるようになりました。 

女性のアイコン

無料とは思えない充実ぶりにびっくり!

非常に充実しているGMOクリック証券の財務分析ツールですが、調べてみると以前は別の会社の月額5,200円、年間63,000円の「Shares」という有料ツールだったようです。

それが、現在はGMOクリック証券に引き継がれ、口座開設した人の為の分析ツールとして無料で提供されているそうです!

口座開設は無料で出来ますし、ひとりで複数の証券会社の口座を持つ事もできます。そして、何より無料ツールとしての価値がとても高いので、企業分析を楽にしたい人は是非利用してみてはいかかでしょうか。

⇒「GMOクリック証券の特徴や評判はこちら