株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

「貸借対照表」で企業の安全性を見極めよう!見方や使い方を解説!

「貸借対照表」で企業の安全性を見極めよう!見方や使い方を解説!

決算短信には「貸借対照表」という項目があります。この「貸借対照表」は、他の財務諸表である「損益計算書」や「キャッシュフロー計算書」に比べると、漢字や数字の羅列が多く難しくて良く分からないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、「貸借対照表」は企業の安全性を見極めるのに役立つ重要な諸表です。そこで、図式化して理解しやすくなる方法を紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

貸借対照表とは?

 

まず貸借対照表とは、会社が設立されてから現在までに「どうやってお金を集めて、何に使ったか?」を記録したものです。

この貸借対照表を活用すると、会社の安全性、すなわち倒産するリスクがどの程度あるのかを知ることができます。

女性アイコン

自分のお金を投資する訳ですから、企業の倒産リスクを知っておいた方が安心ですよね。

 

貸借対照表は、難しい漢字の羅列が多く表記も会社によって違いがあるので全てを理解しようとすると、混乱してしまったり、膨大な時間がかかってしまう恐れがあります。

細かい所を気にしすぎるとキリがないので、大まかに全体像を把握する事を目的として解説していきます。

 

貸借対照表の構造

貸借対照表は、「資産」「負債」「純資産」という3つの部に分けて記録されています。

  • 「資産」:資産とは、現金や有価証券・まだ売れていない商品・工場・機械など将来会社の収益が生まれるものを指します。
  • 「負債」:負債とは、銀行や社債を発行して借りたお金を指します。借りているという事は、将来返済しなければいけないお金となります。(返済義務あり
  • 「純資産」:純資産とは、企業が今まで自分で稼いできた利益や株主に出資してもらった本当の自分のお金です。株主は出資する見返りとして、売却益や配当金・株主優待を得ているので、お金を返済する必要はありません。(返済義務なし

この3つの部は「どうやってお金を集めたのか?(右側)」と「集めたお金を何に使ったのか(左側)」で分類する事が出来ます。

「資産」を左側、「負債」を右側上、「純資産」を右側下に並べると以下のようになります。

バランスシート

※損益計算書は、バランスシート(B/S)と呼ばれているのですが、その理由は左右の合計金額が必ず「左側(資産)」=「右側(負債+純資産)」になるからです。

 

企業の安全性を見極めよう

上記の並べ方を活用すると、企業の安全性を直観的に判断する事ができます。

貸借対照表で安全性を判断する

企業の安全性は、上記の図にあるように、返済義務のある「負債」よりも返済義務のない「純資産」が多い場合の方が安全性は高くなります

 

自己資本比率を求めよう

企業の安全性を数値で表す場合は、「自己資本比率」という計算式で算出する事が出来ます。

  • 自己資本比率=純資産÷資産×100

一般的にはこの数値が50%以上なら健全と判断できますが、成長企業は銀行借入などで積極的に先行投資する必要があるので、自己資本比率は低くなる傾向にあります。

しかし、低ければ低いほど資金繰りが悪化し倒産するリスクは高まるので、あまりに自己資本比率が低い会社は投資対象から外すことをおすすめします。

 

POINT
  • 自己資本比率50%以上なら健全
  • 成長企業の自己資本比率は低い傾向がある

※例外として金融業や不動産業などは業務の性質上、自己資本比率は10%前後が普通です。

スポンサーリンク

 

 

「固定」と「流動」

 

貸借対照表の大まかな構造を理解出来たら、次はもう少し細かく企業の状態を見ていきましょう。

貸借対照表の項目区分は、以下のように更に細分化されています。

  • 「資産の部」→流動資産」と「固定資産
  • 「負債の部」→「流動負債」と「固定負債

 

「流動」と「固定」の違い

「流動」と「固定」の違いは、【流動→1年以内】【固定→1年超】という時間軸の違いだけです。

資産の場合

  • 流動資産:資産のうち1年以内に現金化できるものを指します。例えば、現金や有価証券、商品(通常なら1年以内に売って現金化する事ができる)などが流動資産に含まれます。
  • 固定資産資産のうち現金化するのに1年を超えるものを指します。例えば、商品を作る為の工場や機械は、1年で売却する事は考えにくく、長く使い続ける事が通常なので固定資産に含まれます。

負債の場合 

  • 流動負債:1年以内に支払わなければならない債務を指します。例えば、支払い手形や買掛金、返済期限が1年以内の借入金などが流動負債に含まれます。
  • 固定資産支払い期限が1年を超えるものを指します。例えば、社債や返済期限が3年後の長期借入金などが固定資産に含まれます。

固定資産と流動資産 固定負債と流動負債

女性アイコン

決算短信の「資産の部」では上から現金化しやすい順に、「負債の部」は上から早く返済する順に並んでいます!

 

企業の安全性を更に見極めよう

企業が倒産に追い込まれるのは、資金繰りが上手く行かなくなった時です。

資金繰りが上手く行かなくなると、支払期日までに資金が調達出来ずに支払いが滞り、どうにもならなくなると最終的に倒産してしまいます。

なので、更に「流動資産」「固定資産」「流動負債」「固定負債」に分類することで倒産リスクが高くないかをより詳しく判断していきましょう。

貸借対照表で安全性をより詳しく判断する

企業の安全性

  • 安全性低い:負債の比率が高く、さらに流動負債>流動資産である。すぐに返す借金が多いにもかかわらず、すぐ現金化できる資産が少ない状態。
  • 安全性普通:負債比率が高いが、流動資産も多い。すぐに現金化できる資産が多い状態。
  • 安全性高い:負債より純資産の比率が高く、更にすぐに現金化できる流動資産も多い。当面資金繰りに困りそうもない安全な状態。

一見難しそうな項目も、図式化する事で直観的に理解できるのではないでしょうか。

 

実際に分析してみよう 

上記で説明した内容を元に、実際の決算短信を、図に置き換えてみましょう。

決算短信で「資産合計」「負債合計」「純資産合計」などを抜き出す場合は、れぞれの金額の大きさに比例するよう図式化する事がポイントです。

※竹本容器の決算短信より抜粋

竹本容器の損益計算書

上記の決算短信を、図式化すると以下の様になります。※イメージを掴む事が大切なので、小数点を省略して分かりやすくしています。

竹本容器の損益計算書の図式化

まず、自己資本比率=79億÷146億×100=54%で健全な水準である事が分かります。

また、竹本容器という会社はプラスチック容器の製造を行っているので、工場や機械を沢山持つ必要があり固定資産は多めですが、それでも流動資産>流動負債+固定負債なので、当面は資金繰りに困るような大きな問題はなさそうだと読み取る事ができます。

関連記事:貸借対照表などの財務諸表を自動でグラフ化して、過去や同業他社の比較が簡単にできる無料の分析ツールの活用もおすすめです。以下の記事で紹介していますので参考にしてみて下さい。

www.sumire100m.com

 

最後に

 

今回は、貸借対照表の基礎的な部分を解説していきましたが、図式化する事で、文字や漢字の羅列を見ているだけと比べてイメージしやすくなるのではないでしょうか。

私のように数字が得意ではない人や初心者の人は、まずは図にする事で全体像を掴みやすくなると思いますので是非試してみて下さい。

 

関連記事:他の財務諸表である損益計算書とキャッシュフロー計算書の見方は、以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてみて下さい!

www.sumire100m.com

www.sumire100m.com