株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

「キャッシュフロー計算書」でお金の流れを知ろう!見方や分析方法とは?

キャッシュフロー計算書の見方と、その分析方法とは?

株式投資で企業分析を行う際に、損益計算表や貸借対照表をメインで使っている投資家が多く、キャッシュフロー計算書はあまり活用されていないように感じます。

しかし、キャッシュフロー計算書は、会計操作がしづらい財務諸表であり企業の本当の姿を知る事が出来るので是非活用することをおすすめします。

今回は、このキャッシュフロー計算書の見方とその分析方法について紹介していきます。

 

 

キャッシュフロー計算書とは?

 

キャッシュフロー計算書とは「企業の一連のビジネス活動の結果生じたお金の流れ」を表す財務表です。キャッシュフローは、営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)、投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)、財務活動によるキャッシュフロー(財務CF)の3つに分けられます。

キャッシュフローは、決算短信や四季報などで確認する事ができ、決算短信の場合は1ページ目の中盤あたりに載っています。

キャッシュフロー計算書の場所について

そして、このキャッシュフロー計算書を活用すれば、パッと見ただけで会社の調子の良し悪しを把握することができます。また、実際のキャッシュの流れを表しているので会計操作がしづらく倒産リスクを見極めるのにも役立ちます。

 

営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)とは?

営業CFとは、本業でどれだけキャッシュを稼ぎ出したかを表します。すなわち、現金の増減がどの程度あったか?を意味しています。

営業CFがプラスであれば、本業で順調に現金を増やしている好調な企業であり、マイナスなら本業で現金が減って苦戦している企業であると判断できます。※数字が無印であればプラスで、△が頭に付いていればマイナスです。

営業CFの説明

健全に成長している企業は、営業CFの数字がプラスであり、その数字がコンスタントに伸びていればなお良しです。

 

投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)とは?

投資CFとは、今後の成長のためにどれだけ投資したかを表します。企業は、自社の設備投資や他社の買収などに投資をし、将来の利益につなげています。お金を投じているので、投資CFは通常はマイナスになります。プラスの場合は、設備・株・債券を売った金額が投資分を上回っていると判断できます。

投資CFの説明

 

少しややこしいですが、投資CFの場合は、マイナスの方が積極的に設備投資などにお金を使っているので今後の成長が期待できる良い企業になります。また、金額だけでなく「自社への投資なのか、他社への投資なのか」もしくは「株や債券などの購入に使っているのか?」など、その中身にも注目しましょう。

 

財務活動によるキャッシュフロー(財務CF)とは?

財務CFとは、投資した後に残った現金をどれだけ借金をしたか(もしくは返済したか)を表します。

財務CFの場合は、株主に配当を支払ったり、銀行に借り入れを返済した場合はマイナスになり、新たに銀行から借り入れをしたり、株主から出資を受け資金調達したのであれば、プラスになります。

財務CFの説明

ビジネスの導入段階では、多額の現金が必要になるので、銀行借り入れなどを積極的に行っている場合の財務CFはプラスになり、ビジネスが成熟期に入ると現預金を銀行の返済や株主への配当に回すようになるため、財務CFはマイナスになります。

注意点といて、会社の資金繰りが厳しい事を理由に、金融機関などから借入をしている場合も財務CFがプラスになることがあるので、金額だけでなくその中身も確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

キャッシュの流れを分析して会社の方向性を判断しよう

 

キャッシュの流れを分析すると、会社が現金をどのように使おうとしているか、どのような方向に向かっているのかを把握することが出来ます。

 

図式化すると視覚的に理解できる

数字で理解しようとするとややこしく感じてしまうので、数字を図式化するとイメージしやすくなるのでおすすめです。

図式化する方法

  1. 金額の大きさに合わせて、営業CF・投資CF・財務CFごとに図を書く
  2. それぞれ金額がプラスの場合は上向きの矢印で、マイナスの場合は下向きの矢印を加える

キャッシュフロー計算書の図式化

 

関連記事:キャッシュフロー計算書などの財務諸表を自動でグラフ化して、過去や同業他社の比較が簡単にできる無料の分析ツールの活用もおすすめです。以下の記事で紹介していますので参考にしてみて下さい。

www.sumire100m.com

 

それではこの図から読み取れることを、3つのパターンに分けて説明していきます。

優良企業型

営業CFがプラスで、投資CFと財務CFがマイナスの場合は優良企業型と言われています。この場合は、投資に使うお金を本業で出た利益でまかなう事ができています。さらに、残ったお金で借金返済や配当金を出す事が出来ている理想的な形です。

例)営業CF100億円 投資CF△70億円 財務CF△30億円

優良企業型

営業CFがコンスタントに伸びていて、投資CFもまかなえているという事は、余剰のキャッシュも増えていくので株主還元(増配・自社株買いなど)にも期待ができます。

 

積極投資型 

営業CFがプラスで、投資CFがマイナス、財務CFがプラスの場合は積極投資型と言われています。若い成長企業などに多いパターンなのですが、本業で出る利益以上に先行投資費用が大きいため、不足する資金を借り入れしている状況です。

例)営業CF40億円 投資CF△70億円 財務CF30億円

積極投資型

成長が期待できる企業である一方、優良企業型と比べると銀行などからの借り入れに頼っている積極投資型では、利益が増えても借金返済に回すことになる為株主還元はされにくいデメリットもあります。

 

危険な企業型

営業CFがマイナスで、投資CFがプラス財務CFもマイナスの場合は、危険な企業型と言えます。

本業で苦戦しているため、設備・株・債券などの手持ちの資産を現金化し、不足分は資金調達をおこない何とか埋め合わせしている状況です。

例)営業CF△50億円 投資CF30億円 財務CF20億円

危険な企業型

資金繰りが上手くいっているか否かはとても重要です。資金繰りが上手く行かなくなると、支払期日までに資金調達が出来ずに支払いが滞り、最終的に倒産するリスクもあるのです。

上記のようなキャッシュフローの企業への投資は控えるか、もしくは最悪倒産してしまうリスクがある事を念頭に置き注意して投資する必要があるのです。

但し不動産業などで、物件を仕入れる為に先に多額の資金を必要とする場合は、仕入れと売上にタイムラグがあります。

そのため一時的に営業CFがマイナスで、投資CFと財務CFがプラスになる場合などもあるので全てが当てはまる訳ではありません。 

 

最後に

 

企業分析を行う際に、上記の図のようにキャッシュフローの流れを図式化する事で、会社の資金の状況を把握することが出来ます。

このキャッシュフロー計算書を使って、企業がどのような方向先行投資に力を入れている?それとも株主還元に力をいれている?かなど)に向かっているのかを見極めることができれば、企業をより深く理解する事ができるのではないでしょうか?

 

関連記事:他の財務諸表である損益計算書と貸借対照表の見方は、以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてみて下さい!

www.sumire100m.com

www.sumire100m.com