株式投資の育て方 -個人投資家のお悩み解決ブログ

投資戦略や企業分析の方法などをわかりやすく解説しています。

【米国株投資の情報】日本語で読める便利なサイトを一挙紹介!

f:id:sumire100m:20181109212737p:plain

米国株投資は、日本株よりも情報源が少ないのがデメリットです。私も、「英語が読めないのに米国株投資って出来るの?」と内心不安でした。

しかし、探してみると日本語で読める米国株向けの便利なサイトも沢山ありました。

そこで今回は、米国株の情報収集に役立つ便利なサイトを紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

ヤフーファイナンス

 

まずは、日本株投資で使っている人が多い「ヤフーファイナンス」( 米国株(アメリカ株) - Yahoo!ファイナンス)です。

実は、米国株にも対応しているので、銘柄名で検索すれば日本株と同様に「詳細情報・チャート・時系列・企業情報・業績・掲示板」を見ることが出来ます。

米国株投資ならヤフーファイナンス

参照: 米国株(アメリカ株) - Yahoo!ファイナンス

 

リアルタイムの株価を見る

リアルタイムの株価を見るのにも、ヤフーファイナンスが役立ちます。

米国株のリアルタイム情報は、残念ながら証券会社では有料の場合が多いです。そこで活用して欲しいのが、「ヤフーファイナンス米国版」(https://finance.yahoo.com/)です。

ヤフーファイナンス米国版では、登録不要・無料でリアルタイムの株価が見ることができるので、米国株の売買時や指値注文する場合に役立ちます

ただし、米国版は英語表記になっていて分かりにくいのが欠点です。そこでおすすめなのが、グーグルクロームの翻訳機能を使って日本語表示にするやり方です。

  • ヤフーファイナンス米国版

リアルタイムの株価ならヤフーファイナンス米国版

  • ヤフーファイナンス米国版 翻訳済み

ヤフーファイナンス米国版 翻訳済み

参照:https://finance.yahoo.com/

女性のアイコン

翻訳精度はそれほど高くないですが、充分理解できます!

 

モーニングスター

 

「詳細な銘柄情報をどこで入手すれば良いの?」という悩みには、「モーニングスター」(モーニングスター 米国株式情報)の活用がおすすめです。

モーニングスターは登録不要・無料で使えますし、日本語で米国銘柄の情報が分かりやすく紹介されていますので、情報収集に活用してみて下さい。

モーニングスター米国株式情報

  • 競合他社比較ができる
  • 成長・収益・財務で企業評価のランク付き
  • 配当情報が充実
  • アナリスト情報や企業ニュースがみれる
  • 財務諸表の数字が詳しく見れる

米国株ならモーニングスターがおすすめ

参照:モーニングスター 米国株式情報

 

アイビリオネア

 

「どんな米国株を買えば良いか分からない」という悩みがある人におすすめなのが、登録不要・無料のアイビリオネアiBillionaire(アイビリオネア)/マネックス証券)です。

アイビリオネアは、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、カール・アイカーンなどの伝説の投資家たちの最新ポートフォリオがひと目でわかるウェブサイトです。

伝説の投資家が保有している銘柄を調べたり、どのようなセクターへの投資を強化しているのか?など銘柄選びの参考になる情報が満載です。

参照:ウォーレン・バフェットの投資している銘柄は?| iBillionaire Index

 

 

ネット証券会社の米国情報

 

米国株を取り扱っているネット証券会社にも、米国株投資に役立つ情報が多いです。その中でも、特に米国株に力を入れて情報配信しているのが「マネックス証券 」です。

以下がマネックス証券で見れる情報です。

  • マネックスオンデマンド
  • 米国株厳選銘柄レポートBOOK
  • バロンズ拾い読み
マネックスオンデマンド

マネックスオンデマンドでは、米国株の幅広い情報を動画で学べます。私も、米国株の基礎知識を学ぶのに重宝しました

基本的には誰でも無料で視聴できるのですが、最新版だけはマネックス証券に口座を保有している人限定になっています。

 

米国株厳選銘柄レポートBOOK

米国株厳選銘柄レポートBOOKでは、直近の四半期決算内容を反映した最新の「個別銘柄50銘柄とETF16銘柄」を選定して紹介されています。

マネックス証券に口座を持っている人限定の無料レポートですが、米国株は情報源が少ないので、このようなレポートを積極的に活用していくのがおすすめです。

女性のアイコン

米国に上場する有力企業について分かりやすく紹介されています!

 参照:米国株厳選銘柄レポートBOOK 2018秋号

★口座開設して「米国株厳選銘柄レポート」を読む:マネックス証券

 

バロンズ拾い読み

「バロンズ」とは米国で最も権威のある金融メディアの1つなのですが、このバロンズの情報を日本語に翻訳して配信しているのが「バロンズ拾い読み」です。

こちらもマネックス証券に口座を持っている人なら無料で読めます。「バロンズ拾い読み」で、米国の視点から見た「マーケットの今」をチェックしてみましょう。

★口座開設して「バロンズ拾い読み」を読む:マネックス証券

 

最後に

 

ここまで日本語で読める米国株向けの便利なサイトを紹介しましたが、役立つサイトは見つかりましたでしょうか。

英語が読めないという理由で、米国株投資を断念するのは勿体ないと思いますので、自分に合った使いやすいサイトを見つけて是非投資判断に役立ててみて下さい。

関連記事:「米国株投資の魅力」や「日本株との違い」は以下の記事で解説していますので、参考にしてみて下さい。

www.sumire100m.com